昆虫の減少に「スマホの電波」が関与か、”5G”の導入で地球から昆虫がいなくなる可能性が示される

society

ハチ、花
ハチ、花 / Credit: soyacincau
reference: phys, soyacincau

ドイツの自然・生態系保護団体(NABU)は、17日、近年の深刻化する昆虫の減少にスマホの電波が関与しているという調査結果を発表しました。

現在査読中の研究では、農薬の散布や土地開発による生息地の消失に加えて、昆虫たちが電磁放射線にさらされる機会の急増が一因になっていると指摘されています。

昆虫たちは今、人には見えない電磁放射の網の目に苦しんでいるようです。

「ネットワークの網」が昆虫を狂わせている

研究チームは、ドイツおよびルクセンブルクのNGOと協力し、電磁放射が昆虫に与える影響を報告した科学的研究を約190件分析。

その内の72件で、電磁放射が主にハチ、スズメバチ、ハエの生態にダメージを与えていることが特定されました。

確認された悪影響は、磁場の乱れによる飛行能力の低下から、遺伝物質および幼虫へのダメージまで多岐にわたります。

特に、都市に張り巡らされたWi-Fiネットワークとスマートフォンの影響が著しく、昆虫の特定の細胞を変化させて、過度にカルシウムイオンを吸収させていました。

これが昆虫の生化学的な連鎖反応を引き起こすきっかけとなり、概日リズム(体内時計)と免疫システムを混乱させていたのです。

「5G」で地球から昆虫が消える?

この結果を受け、研究チームのヨハネス・エンスレ氏は、「5G」の導入が昆虫の減少をさらに加速させることを懸念します。

5G(第5世代移動通信システム)は、これまで以上に多くの「モノ」をインターネットに繋げることで、社会インフラを劇的に変化させます。通信範囲は地球規模に拡大され、速度も現在の4Gの20倍以上になります。

インターネット、パソコン
インターネット、パソコン / Credit: jp.depositphotos

しかし、それだけ被害を受ける昆虫の数や種類も増えるということです。

5Gが世界中に普及する頃には、地球から昆虫がいなくなっているかもしれません。

昆虫がいなくなると人類も滅びる

昨年発表された研究では、すでに世界中の昆虫の約40%が減少傾向にあり、その総数は1年に2.5%のペースで減っていることが明らかにされました。

この傾向が止まらなければ、2119年までには地球上から昆虫がいなくなると予想されます。

農薬や都市開発、温暖化に加えて、5Gがそのスピードを加速させるかもしれません。

トンボ
トンボ / Credit: pixabay

そして、昆虫の絶滅は人類の絶滅をも意味します。

昆虫は、地球の生態系を維持するのに欠かせない存在であり、動物たちの食料源や植物・農作物の花粉媒介などを担います。

このサイクルがストップすれば、昆虫以外の動物は一気に減り、人が食料とする農作も育たなくなるでしょう。植物も消えていくので、地球上の酸素が減少し、温暖化も進みます。

昆虫がいなくなれば、人類や動物だけでなく、緑の地球も失われてしまうのです。

エンスレ氏は「昆虫の減少を止めるには、今回のように、一見無関係に見える事象にも目を向ける必要がある」と述べています。

あわせて読みたい

SHARE

TAG