新しい「大量絶滅イベント」を発見!恐竜が勢力を伸ばしたきっかけが明らかに

geoscience

大量絶滅年表。
大量絶滅年表。 / Credit:D. Bonadonna/ MUSE, Trento

2億3300万年前、カナダの西海岸にあたる地盤で巨大な火山噴火が起こり、二酸化炭素、メタン、水蒸気が大量に大気中へ解き放たれました。

この激しい爆発により太古の地球は大規模な温暖化に見舞われました。

9月16日に科学雑誌『Science Advances』に掲載された新しい研究は、これが新しい大量絶滅イベントであった可能性があり、この出来事がきっかけで恐竜たちの台頭始まったと報告しています。

大量絶滅イベントは、「ビッグファイブ」の名で知られる通り地球上では5回発生しているというのがこれまでの通説でした。

果たして新発見となる6番目の大量絶滅とはいかなるものだったのでしょうか?

地球に起きた変革「カーニアン湿潤化イベント」

三畳紀後期の世界地図。
三畳紀後期の世界地図。 / Credit:en.Wikipedia

恐竜が出現し始めた約2億3000万年前は、地質年代では後期三畳紀の初めにあたる時代で、カーニアンと呼ばれています。

この時期にはカーニアン湿潤化イベント(Carnian Pluvial Event: 以下、CPE)と呼ばれる地球規模の気候変動が発生して生物相に大きな変化が起こっていたと考えられています。

この出来事は1980年代に注目されましたが、その証拠となる地質はヨーロッパの一部地域に限定されていました。

その後の調査で、この時期にはアンモナイトの絶滅など海洋生物の大規模な入れ替えが起きていたと確認されていましたが、CPEとの関連については年代測定技術がまだ未熟だったこともあり、明らかではありませんでした。

しかし、中国地質大学イギリスブリストル大学などの共同による研究チームが、この時期のすべての地質学や生物学的な証拠を検討して、何が起きたのかを明らかにしたのです。

これまで知られていなかった新しい大量絶滅イベント

ランゲリア洪水玄武岩の分布。
ランゲリア洪水玄武岩の分布。 / Credit:University of British Columbia/EOAS

CPEの原因は、おそらくカナダ西部にあるランゲリアと呼ばれる地域の大規模な火山噴火だっただろうと考えられています。

そこでは大量の玄武岩が地上にもたらされ、北アメリカ西海岸の大部分を形成しました。

この火山活動はカーニアンにピークを迎え、二酸化炭素をはじめとした温室効果ガスを大量に排出しました。

これにより、地球は大規模な温暖化に向かったのです。温暖化は降雨量の増加と関連しています。それが100万年に及ぶ湿気の多い時代、カーニアン湿潤化イベントを引き起こしたと考えられるのです。

噴火で巻き上げられた火山性ガスは、この大規模な大雨に混ざって地球上に酸性雨を降らせ、海の浅い層を酸性化させました

この酸性雨と急激な温暖化は、熱帯地域の動植物を壊滅させ、酸性雨は地上の植物に大打撃を与えたのです。また酸性化した海洋は炭酸塩の殻を持つ海洋生物を壊滅させました。

こうして新たな大量絶滅イベントが地球で発生していたことが明らかとなったのです。

大量絶滅イベントからの回復と近代的な生態系の成立

噴火が収まると、気温が高いまま大量の降雨が収まり、地上は乾燥し始めました。

この環境から地球の生態系は新たな種へと引き継ぎが行われ、これまで小規模な存在だったグループの台頭が始まったのです。

代表的なものが恐竜です。恐竜はカーニアン湿潤化イベントの2000万年前から出現し始めていましたが、地上で影響力を持つ種ではありませんでした

しかし、恐竜は大量絶滅とそこからの回復期に、地上を席巻するチャンスを得たのです。

新たな大量絶滅後の恐竜たちの世界。
新たな大量絶滅後の恐竜たちの世界。 / Credit:depositphotos

このとき一気に勢力を伸ばしたのは、恐竜の他に、カメ、ワニ、トカゲ、また初期の哺乳類や、現代の植物群も含まれます。

また酸性化していた海洋では、炭酸カルシウムが石灰岩を熱く形成し、大規模なサンゴ礁や現代にも残るプランクトンたちが大量に発生し始めました。

まさに現代の私たちが見慣れた海はこのとき誕生したと考えられるのです。

これまで古生物学では地球の歴史で5つの大量絶滅を特定していましたが、それは大量絶滅と同時に、新しい生態系を誕生させるきっかけにもなっていました。

そして現代の生態系の起源になると考えられる新たな大量絶滅が、今発見されたのです。

この出来事についてはまだこれから詳細が明らかになっていくことが予想されますが、そこから急速な温暖化による地球の変化や、それに対する生態系の回復方法などを探ることができるでしょう。

あわせて読みたい

SHARE

TAG