重度の脳障害患者が「睡眠薬」によって、逆に”意識を取り戻す”事例が報告される

重度の脳障害を負った男性が睡眠薬で覚醒状態になる
重度の脳障害を負った男性が睡眠薬で覚醒状態になる / Credit:Science Direct(Cortex)

睡眠薬で意識が蘇る奇跡が起きました。

『Cortex』の11月号に掲載された論文によれば、重い脳障害によって8年間、無動無言症の状態にあった男性に睡眠薬として知られるゾルピデム(総称: マイスリー)を投与した結果、意識が覚醒し、自主的活動が再開されたとのこと。

しかし、いったいなぜ、睡眠薬が障害を負った患者に覚醒を促したのでしょうか?

無動無言症は起きているのに意識が閉ざされている

無動無言の状態では意識そのものは傷ついていない場合がある
無動無言の状態では意識そのものは傷ついていない場合がある / Credit:ナゾロジー

8年前、20代後半だったリチャード氏はアルコール乱用の病歴があり、ある日喉を詰まらせて酸素不足に陥り、に重度の障害を負いました。

結果、リチャード氏は生きてはいましたが、もはや意図的に話すことも、食べることも、トイレにいくこともできなくなってしまったとのこと。

多くの場合、このような状態に陥った患者は同時に深い昏睡状態に陥りますが、彼は違いました。

リチャード氏が陥った状態は医学的に無動無言症と言われており、通常の人間のように眠ったり起きたりするものの、知的・意図的な動作が失われる、きわめてまれな状態だったのです。

知的・意図的な動作が失われた彼は、車椅子の上で栄養を供給するチューブと排せつ物を誘導するチューブにつながれたまま、回復の兆しが見えず、絶望的な状況でした。

そこでリチャード氏の家族は最後の方法を試すことにしました。

6.7%の希望

ゾルピデムは日本ではマイスリーの名で先行販売されていた
ゾルピデムは日本ではマイスリーの名で先行販売されていた / Credit:アステラス製薬

リチャード氏のような無動無言症に陥った人間は、6.7%という僅かな確率ながらも睡眠薬として知られるゾルピデム(マイスリー)を接種することで、意識を回復させることが知られていました。

そこで彼の主治医は、家族の同意の元、10mgのゾルピデムを投与しました

すると奇跡が起こります。

ゾルピデムを投与されてから僅か20分でリチャード氏は自発的に話し始め、父親に電話したいと告げ、車椅子から立ち上がって歩くようにさえなったのです。

しかし、悲しいことに効果には時間制限がありました。

睡眠薬が効いている間だけ覚醒できる

睡眠薬が効いている間だけ男性は覚醒できる
睡眠薬が効いている間だけ男性は覚醒できる / Credit:depositphotos

ゾルピデムは即効性のある睡眠薬である一方で、効果時間が短いことが知られています。

そのためリチャード氏の精神的能力の上昇は一日につき1,2時間が限度であり、ゾルピデムの効果が切れると再び、チューブなしでは生きられない無動無言状態に陥りました。

彼は「睡眠薬が効いている間しか自分を取り戻せなかった」のです。

さらに治療が進むにつれて、医師は薬の効果が低下し始めたことに気付きました。

以前と同じ状態に回復するには、より多くのゾルピデムの投与が必要になり、それでいて効き目や持続時間も次第に弱く、短くなっていったのです。

原因は脳の過活動

脳の過活動を抑制することで無動無言の症状が回復した
脳の過活動を抑制することで無動無言の症状が回復した / Credit:Science Direct(Cortex)

しかしリチャード氏は諦めませんでした。

限られた時間を研究者たちが計画した実験に捧げ、意識の回復するメカニズムを解明する道を選んだのです。

結果、非常に重要な事実が明らかになりました。

ゾルピデムを服用する前後で脳波と脳磁波を測定したところ、ゾルピデムはリチャード氏の脳機能の一部を抑制していることが明らかになったのです。

この事実は、リチャード氏のような無動無言の状態は、脳が一種の「過活動」となり、正常な意識の形成が脳の激しい活動の嵐に邪魔されていることを意味します。

また睡眠薬であるゾルピデムには、この脳の過活動を抑制する効果があることが判明しました。

リチャード氏が睡眠薬が効いている間だけ意識を回復させられた背景には、ゾルピデムだけが持つ、過活動の抑制効果があったのです。

ただ代償としてリチャード氏に対するゾルピデムの効果は大きく失われ、現在では効果を発揮するために、2~3週間の断薬期間を要するようになってしましました。

より長い効果を求めて

ゾルピデムをヒントに新たな薬が作られるかもしれない
ゾルピデムをヒントに新たな薬が作られるかもしれない / Credit:depositphotos

今回の研究とリチャード氏の協力により、無動無言症に対する理解が大きく進みました。

精神レベルの低下は脳の活動低下だけでなく、過活動によっても引き起こされるという事実は、既存の常識を大きくくつがえす結果と言えるでしょう。

もし将来的に、ゾルピデムのような脳の過活動を抑制する効き目を持ち、それでいて効果時間が長く、耐性がつくにくい薬が開発されれば、リチャード氏の精神をより長い間、正常な状態に維持できるようになる可能性があります。

現在、ゾルピデムの持つ特殊な覚醒効果を動物実験で確認する作業が続いており、遠くない将来、リチャード氏の貢献が報われる日がくると考えられます。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG