イヤなやつは臭い? 脳は悪意を「悪臭」として認識していた

悪意を向けてくる人間は神経学的にも臭かった
悪意を向けてくる人間は神経学的にも臭かった / Credit:depositphotos
reference: neurosciencenews

悪意ある人間は臭いようです。

10月16日に『Science Advances』に掲載された論文によれば、悪意や不道徳な行いは、ヒトの脳に悪臭として認識されるとのこと。

例えば、日頃から不快な思いを与えてくる「アノ人」は、神経学的な意味でも「臭い」ということになります。

しかし、いったいどうして脳は悪意を悪臭として認識するのでしょうか?

人間の精神は5感と結びついている

人間の精神は5感と強く結びついている
人間の精神は5感と強く結びついている / Credit:Science Advances

悪臭がもたらす嫌悪感は、私たちの生存にとって必須なものです。食べ物や飲み物が悪臭を発している場合、その食べ物は高い確率で腐って内部に毒素を蓄えています。

そのため人間を含めた多くの動物は、悪臭に対する嫌悪感を生まれながらに備えており、腐った食べ物を避けることができます。

一方で、近年の研究により、様々な精神的な活動が、体が感じる五感と結びついていることがわかってきました。精神的な痛みや苦痛、恐怖は、に痛みに似た反応を発生させるのです。

ですが、精神的に負の印象をもたらすケースは実に多様であり、全てのネガティブな印象が、痛みに変換されるわけではありません。

特に悪意や不道徳な行いといった、直接的に身体や生命の危機に関連しないものの、嫌悪感を感じる場合は、判断が難しくなります。

ある研究では、嫌悪感もまた、痛みに関連していると述べる一方で、他の研究では嫌悪感は悪臭に関連していると結論しており、結論は出ていませんでした。

痛み派と悪臭派が大きく対立する理由は、2つの感覚が神経学的にも大きく異なるからです。

痛みは相手から「食べられる」危機を避けるためのシステムである一方で、悪臭がしているかの判断は、こちらが「食べる」ときに働く仕組みです。

そのため痛みと悪臭がもたらす不快感は、似ているようで最も遠い感覚であり、痛み派と悪臭派の対立もより激しくなっています。

中には「悪意や不道徳が起こす嫌悪感は、痛みも悪臭も同時に発生する」という折衷案的な説もありますが、確実な証明はなされていません。

しかし今回、スイスのジュネーヴ大学の研究者たちが行った実験により、長年の論争に決着がつく可能性がみえてきました。

次ページ悪意や不道徳は悪臭と結びついている

1

2

3

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG