「100年ぶり」にマダガスカル固有の”幻のカメレオン”を発見! 雨季の数ヶ月しか生存不可能

約100年ぶりに発見された「フェルツコウ・カメレオン(メス)」
約100年ぶりに発見された「フェルツコウ・カメレオン(メス)」 / Credit: Kathrin Glaw
reference: livescience

アフリカ東岸に位置するマダガスカルで先月30日、固有種の「フェルツコウ・カメレオン(学名:Furcifer voeltzkowi)」が約100年ぶりに再発見されました。

本種が最後に目撃されたのは1913年のことで、メスについては一度も見つかったことがありません。

今回はメスを含む18匹が発見されており、オスとは違った体色変化を示したとのことです。

調査は、ドイツとマダガスカルの共同研究チームにより報告されています。

寿命が短すぎて見つかりにくい

研究チームは、「ロストスピーシーズ・プログラム」という10年以上発見されていない生物を探索する調査の一環として、2018年に現地入りしました。

調査主任のフランク・グロウ氏(ミュンヘン動物学収集博物館)は「当初、再発見の可能性は高いと考えていましたが、探索を進める中で予想以上に困難であることがわかりました」と話します。

フェルツコウ・カメレオンの生態は、多くが謎のままですが、生存期間が非常に短いことで知られています。

雨季の数ヶ月しか生存せず、現地の調査環境も悪くなることから、発見がより困難になっていたのです。

「フェルツコウ・カメレオン」のオス
「フェルツコウ・カメレオン」のオス / Credit: Kathrin Glaw

しかし、調査を終える数日前に、現地のプロガイドの男性が1匹のフェルツコウ・カメレオンの発見に成功しました。

幸運はつづき、最終的にオス3匹とメス15匹が見つかっています。

次ページメスの個体が見つかったのは初めて

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG