ゲイの男性も異性愛者と同じように、パートナーを生殖能力の強さで選んでいた

ゲイの男性も生殖能力の高い方がより魅力的だと感じる
ゲイの男性も生殖能力の高い方がより魅力的だと感じる / Credit:Depositphotos
reference: psypost

これまでの研究で異性愛者が感じる相手への魅力度合いは、生殖能力が高い方が優位に働くと言われてきました。

ドイツのユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルク心理学部に所属する博士課程の学生ロビン・リン氏ら研究チームが11月1日付けの学術誌『Personality and Individual Differences』に、男性の同性愛者視点での同様の調査結果を発表。

その論文によると、ゲイの男性も異性愛者と同じように生殖能力の高い方をより魅力的だと判断していたとのこと。

>参照元はこちら(英文)

魅力と生殖能力の関係

様々な要因が相手に対する魅力を決定づけるものです。その点、リン氏は次のように述べています。

「例えば女性は、経済的に有利な高い地位の男性が必要だと述べていなくても、低い地位の男性と高い地位の男性を比べた時に、後者を好む傾向がある」

もちろん、経済や地位だけが魅力に影響しているわけではありませんが、自然とそれらを重視する傾向はあるのでしょう。

子孫を増やせる生殖能力の高さは魅力の1つ
子孫を増やせる生殖能力の高さは魅力の1つ / Credit:Depositphotos

魅力を高める要素には生殖能力も含まれます。人々は生殖能力の高い相手をより魅力的に感じる傾向があるのです。

実際、昔から人間の文化には「子孫を増やす=良いこと」という考えが根付いてきました。現代でもそうかもしれません。

一部の科学者たちも多くの研究によって、生殖能力が高いほうが魅力的に感じやすいと主張してきました。

さて、リン氏はこの分野において異性愛者以外の研究が不足していることに気づき、実際に自分たちで調査することにしました。

ゲイの男性も生殖能力の高い相手に魅力を感じやすい

最初の調査では、64人の同性愛者と60人の異性愛者の男性が集められました。

彼らには不妊治療のクリニックで女性のプロフィールを見てもらい、身体的な魅力を含む様々な特徴を評価してもらいました。

プロフィールには、年齢、血液型、性格、写真などに加え、生殖能力レベルの情報が含まれています。

すべての参加者が同じ女性を評価しますが、プロフィールには生殖能力レベルがそれぞれ異なって表示されるようになっています。

結果、異性愛者は同性愛者に比べて女性をより魅力的だと感じました。さらに、異性愛者と同性愛者両方が、生殖能力が高いと表示された女性をより魅力的だと評価していました。

異性愛者も同性愛者も、生殖能力の高い相手により魅力的だと感じる
異性愛者も同性愛者も、生殖能力の高い相手により魅力的だと感じる / Credit:Depositphotos

次に研究チームは、同様の研究を124人の同性愛者と100人の異性愛者の男性を対象として行ないました。ただし参加者には男性のプロフィールを見てもらいます。

結果、同性愛者の男性は、生殖能力が低いと表示された男性をあまり魅力的でないと評価する傾向がありました。

つまりゲイの男性も異性愛者と同じように、生殖能力の高い相手を魅力的に感じる傾向をもっていたのです。

この調査結果について、リン氏は「同性愛者は異性愛者とあまり変わらない」と述べています。

リン氏は今後、今回の結果を一般化するためのさらなる研究が必要だと感じており、「実際の写真を使っても結果が変わらないか確認するのは興味深いかもしれない」とも述べています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG