中国の植物が人間に対抗して「カモフラージュ」を習得! 2000年以上の収穫が変化を起こした

収穫量が少ない場所(左)と多い場所(右)
収穫量が少ない場所(左)と多い場所(右) / Composite: Yang Niu

中国南西部・雲南省の高山帯に生息する植物Fritillaria delavayiは、人の乱獲に対抗して色を変化させていることが判明しました。

この植物は、2000年以上にわたり漢方薬として重宝されています。

その長い採集の歴史が、淘汰圧として植物に働いていたようです。

研究は、中国科学アカデミー、イギリス・エクセター大学により、11月20日付けで『Current Biology』に掲載されました。

>参照元はこちら(英文)

収穫しやすい場所ほど「カモフラージュ」が進化していた

研究チームは今回、本種の個体群をエリアごとに分け、それぞれの環境のにどれだけ近いか、どのくらい採集しやすいかを測定しました。

また、地元民への聞き取り調査で、エリアごとにどれだけの収穫量があるかも調べています。

その結果、本種のカモフラージュのレベルは、収穫レベルと深く相関していることがわかりました。

エリアごとにカモフラージュの進行度が違う
エリアごとにカモフラージュの進行度が違う / Credit: cell

採集しやすく、収穫量も多い場所ほど、その場所の色(岩肌など)に近づいていたのです。

他方で、収穫の厳しい急斜面では、緑色を保ったままでした。

コンピュータを使ったシミュレーション実験では、カモフラージュのレベルが高いほど、探知・採集に時間がかかりました。

これは本種が人の乱獲に対抗して、保護色を発達させたことを示唆します。

人的活動が「淘汰圧」になっていた⁈

同チームのマーティン・スティーブンス教授は「人の活動が植物の生存だけでなく進化そのものに、直接的かつ劇的な影響を与えていたのは実に驚くべきこと」と話します。

植物の大半は、自分を食べる草食動物から身を守るカモフラージュを発達させたと考えられていますが、この地にはそうした草食動物がいませんでした。

これは明らかに、人に対抗してカモフラージュを進化させたことを意味します。

人から身を隠すために茶色に進化
人から身を隠すために茶色に進化 / Credit: Yang Niu

研究員のハン・スン氏は「人による収穫の影響は今や、自然界の多くの圧力よりもはるかに強い淘汰圧となっています。

現代における地球上の生物多様性は、自然と私たち自身の両方によって形作られているのです」と指摘しました。

本種は、ユリ科バイモ属に分類される多年生植物で、岩肌の多い高山帯に分布し、5年目以降は毎年1本の花を咲かせます。

本種の球根は、2000年以上前から中国の伝統医学で漢方薬の原材料となっています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG