収穫量が少ない場所(左)と多い場所(右)
収穫量が少ない場所(左)と多い場所(右) / Composite: Yang Niu
plants

中国の植物が人間に対抗して「カモフラージュ」を習得! 2000年以上の収穫が変化を起こした

2020.11.23 Monday
phys https://phys.org/news/2020-11-evolves-visible-humans.html, scitechdaily https://scitechdaily.com/plant-used-in-traditional-chinese-medicine-evolves-to-become-less-visible-to-humans/, theguardian https://www.theguardian.com/environment/2020/nov/20/chinese-flower-fritillaria-delavayi-evolved-less-visible-pickers

中国南西部・雲南省の高山帯に生息する植物Fritillaria delavayiは、人の乱獲に対抗して色を変化させていることが判明しました。

この植物は、2000年以上にわたり漢方薬として重宝されています。

その長い採集の歴史が、淘汰圧として植物に働いていたようです。

研究は、中国科学アカデミー、イギリス・エクセター大学により、11月20日付けで『Current Biology』に掲載されました。

>参照元はこちら(英文)

収穫しやすい場所ほど「カモフラージュ」が進化していた

研究チームは今回、本種の個体群をエリアごとに分け、それぞれの環境のにどれだけ近いか、どのくらい採集しやすいかを測定しました。

また、地元民への聞き取り調査で、エリアごとにどれだけの収穫量があるかも調べています。

その結果、本種のカモフラージュのレベルは、収穫レベルと深く相関していることがわかりました。

エリアごとにカモフラージュの進行度が違う
エリアごとにカモフラージュの進行度が違う / Credit: cell

採集しやすく、収穫量も多い場所ほど、その場所の色(岩肌など)に近づいていたのです。

他方で、収穫の厳しい急斜面では、緑色を保ったままでした。

コンピュータを使ったシミュレーション実験では、カモフラージュのレベルが高いほど、探知・採集に時間がかかりました。

これは本種が人の乱獲に対抗して、保護色を発達させたことを示唆します。

次ページ人的活動が「淘汰圧」になっていた⁈

<

1

2

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!