テッポウエビは衝撃波とプラズマを発する巨大な腕を持つ
テッポウエビは衝撃波とプラズマを発する巨大な腕を持つ / Credit:CNN
animals plants

2022.07.06 Wednesday

2020.12.17 Thursday

「指パッチン」で4400℃のプラズマ衝撃波を発生させる”テッポウエビ” (3/4)

前ページ同族同士の撃ち合いは殺し合いになった

<

1

2

3

4

>

テッポウエビは人類の10倍のエネルギー効率でプラズマを作る

テッポウエビの腕を模倣することで簡易なプラズマ生成を成し遂げた
テッポウエビの腕を模倣することで簡易なプラズマ生成を成し遂げた / Credit:Science Advances

人類は誕生から約10万年かけて、水中でプラズマを操る技術を獲得しました。

プラズマアーク溶接で発せられる超高温は、水中でも金属を溶かして繋げたり、切断することが可能。

また高出力のレーザーやマイクロ波を発射することでも水中でプラズマを生成することができます。

しかし人類のプラズマ生成技術はテッポウエビに比べるとまだまだ未熟だと言わざるをえません。

近年の研究により、テッポウエビのハサミを用いたプラズマ生成は、人類の技術の10倍ものエネルギー効率を持っていることが明らかになりました。

またテッポウエビのハサミを模したロボットを作ることで、同じ威力の衝撃波砲とプラズマを撃ちだすことにも成功します。

次ページ地球内生命体から学んだ技術

<

1

2

3

4

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!