人はどこまで過激になるのか?
人はどこまで過激になるのか? / Credit: interestingengineering
psychology

人類史の闇として刻まれた「サイコな心理実験5選」 (4/5)

2021.01.27 Wednesday

2021.01.21 Thursday

前ページ子供の吃音症は矯正できるか?「モンスター・スタディ」

<

1

2

3

4

5

>

誰の心にも看守は潜む、「スタンフォードの監獄実験」

1971年8月14日から20日にかけ、スタンフォード大学の心理学者フィリップ・ジンバルドーは、刑務所を舞台にした実験を行いました。

いたって普通の人が特殊な地位を与えられると、その役柄に合わせて行動や性格が変質することを証明した実験です。

そのため、先ほど紹介したミルグラム実験の監獄バージョンと称されます。

新聞広告で募った健康な被験者21人を、看守役11人、囚人役10人にグループ分けします。

リアリティを求めるため、囚人役は実際にパトカーで逮捕され、看守役の前で服を脱がされ、シラミ駆除剤を散布されました。

刑務所は本物と同じ設備を用意し、その中で囚人と看守はそれぞれの役割を演じます。

監獄実験の様子
監獄実験の様子 / Credit: insidehighered

その結果、時間が経つにつれて、看守役はより看守らしく、囚人はより囚人らしい行動に変化していったのです。

看守役は、囚人に素手でのトイレ掃除を命じたり、禁止されていた暴力を振るうまで激化しました。

しかし、ジンバルドー自身もそのリアリティに呑まれ、実験を続行。

関係者が事態の危険性に気づき、弁護士などをつれて強制的に中止されました。

そのとき、看守役の被験者たちは「約束が違う」と続行を希望したといいます。

次ページアメリカ政府の秘密実験、「MKウルトラ計画」

<

1

2

3

4

5

>

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!