新たな研究によるとスピーチの信頼性は、声のピッチ、速度、抑揚の付け方で決定される。
新たな研究によるとスピーチの信頼性は、声のピッチ、速度、抑揚の付け方で決定される。 / Credit:canva
psychology

声の調子が人の信頼性を決定している

2021.02.12 Friday
Recognizing liars from the sound of their voice? http://www.cnrs.fr/en/recognizing-liars-sound-their-voice
Listeners’ perceptions of the certainty and honesty of a speaker are associated with a common prosodic signature https://www.nature.com/articles/s41467-020-20649-4

政治演説、芸能人の記者会見、学校や企業でのプレゼン、私たちはさまざまな場面で人のスピーチを聞くことがあります。

そのとき相手が信頼できるか(あるいは信頼できない)という印象は、どこから感じ取っているのでしょうか?

2月8日にオープンアクセスジャーナル『NatureCommunications』で発表された新しい研究は、信頼性が韻律(声のピッチ、速度、強弱などの言葉のメロディー)によって決定されると報告しています。

相手を信頼する基準はさまざまにありそうですが、この研究によると話し方で話者の提供する情報の確実性や、誠実さの印象は決まってしまうようです。

韻律で作られる話者の誠実さと確実性

話者の信頼性は韻律によって決定される。
話者の信頼性は韻律によって決定される。 / © Jean-Julien Aucouturier and Louise Goupil, STMS laboratory (CNRS/Ircam/Sorbonne Université/Ministère de la Culture)

話している人物のもたらす情報が信用できるものであるか? また話者は誠実な人間であるか? 私たちがこうした印象を決定するメカニズムは、まだ明確にされていません。

フランス国立音響音楽研究所(IRCAM)などの研究チームはこの問題を実験から明らかにしようと試みました。

チームはこの研究のために、音声信号処理技術を使ったオープンソースのソフトウェア「CLEESE」を開発し、単語のランダムな発音(ピッチの上昇や下降)を作成しました。

そして、複数の参加者グループに、この作成された音声が信頼できるかどうかという質問を行ったのです。

するとそこからは、明確な韻律のパターンが見つかったのです。

チームによるとその韻律とは、発話の速度が速く、単語の途中の強度が強く、単語の終わりでピッチが下がるというものです。

これは聞き手の母国語に依らず、少なくとも現在3つの言語(フランス語、英語、スペイン語)で同様に認識されていて、によって自動的に登録されていることが示されたといいます。

コンピュータで合成された音声であっても、一致してこの特徴が検出されると研究は報告していて、どうやら人は話の韻律から無意識に信頼性を判断する方法を持っているようなのです。

研究は今後、話者の意図に基づいてそのような韻律がどのように作り出されるのかを焦点に研究を進めていくと語っています。

声が信頼性に影響している。
声が信頼性に影響している。 / Credit:canva

音は人が相手に情報を伝達するための重要な道具ですが、そこには信頼性も付与されている可能性が高いようです。

たしかに、声の調子や通りがカリスマ性と関連するといった説も存在しています。

声は思いの外、人とのコミュニケーションにとって重要な要素であるようです。

今回の研究では、日本語は対象となっていませんが、あまり人から信頼が得られないという人は、ひょっとすると声に問題があるのかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

心理学psychology

もっと見る

Special

注目pick up !!