クローンイタチの「エリザベス・アン」
クローンイタチの「エリザベス・アン」 / Credit: Revive & Restore
animals plants

絶滅危機にあるイタチの「クローン化」に成功! 30年間冷凍保存されていた細胞がもとに

2021.02.22 Monday
Scientists Clone Endangered Black-Footed Ferret For The First Time And She’s Adorable https://www.sciencealert.com/scientists-clone-endangered-black-footed-ferret-for-the-first-time-and-she-s-adorable Meet Elizabeth Ann, the First Cloned Black-Footed Ferret https://www.nytimes.com/2021/02/18/science/black-footed-ferret-clone.html

こちらは、北米で絶滅危惧種に指定されているクロアシイタチのメス、「エリザベス・アン」です。

エリザベスは昨年12月10日に、約30年間冷凍保存されていたクロアシイタチの細胞からクローンとして誕生しました。

アメリカにおける絶滅危惧種のクローン化は初の事例であり、エリザベスは、遺伝的な多様性をもたらす救世主として期待されています。

種の繁栄を助ける「救世主」となるか

北米に分布するクロアシイタチはかつて絶滅した種と考えられていましたが、1981年に少数の個体群が野生下で見つかり、保護されました。

それ以来、専門家と自然保護活動家が協力して、クロアシイタチの飼育下繁殖計画を開始しています。

クローン作成に参加した環境保護団体「Revive&Restore」によると、現時点で約250〜300頭が飼育下に、さらに300頭が野生の再導入地に生息しているとのことです。

野生下のクロアシイタチ
野生下のクロアシイタチ / Credit: U.S. Fish and Wildlife Service

しかし、それらの個体は、繁殖開始時にいたわずか7頭の子孫であり、すべてに近縁関係があります。

そのため、遺伝的多様性に乏しく、健康障害や特定の感染症にかかりやすくなっており、個体数の回復もかなり困難な状況です。

ところが、エリザベス・アンの細胞は、1988年に亡くなった「ウィラ」というメス個体のものであり、彼女は最初の7体の内に含まれていませんでした。

なので、エリザベスの持つウィラの遺伝子は、現生するクロアシイタチの遺伝的バリエーションを広げ、種の繁栄をもたらすきっかけとなります。

生後3週間の「エリザベス・アン」
生後3週間の「エリザベス・アン」 / Credit: Revive & Restore

クローン計画は2013年からスタートし、昨年のエリザベスの誕生でついに初成功となりました。

エリザベスの繁殖計画への参加はまだ先になりますが、現在は、何の問題もなくスクスクと健康に育っているようです。

Revive&Restoreの事務局長を務めるライアン・フェラン氏は「エリザベスは、彼女自身の種だけでなく、あらゆる場所で絶滅に瀕している生物にとっても、新たな時代の先駆者となります。

彼女の存在は、生物多様性と遺伝的救済にとっての大きな勝利でしょう」と述べています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!