空中浮遊映像技術によるトイレパネル
空中浮遊映像技術によるトイレパネル / Credit:村上開明堂
technology

「ホログラムのトイレボタン」が開発される 非接触型で安心な社会を実現(日本)

2021.02.22 Monday
japan is developing touchless, hologram-like controls for its high-tech toilets https://www.designboom.com/technology/touch-less-controls-toilets-murakami-corporation-parity-innovations-02-18-2021/

自動車用バックミラーや光学薄膜製品を手掛ける日本の企業「村上開明堂」は、2月9日に次世代の非接触インターフェース・システムの開発状況を発表しました。

発表によると、新しいインターフェースには「空中浮遊映像」光学技術が用いられており、空中に浮かんだ映像に触れるだけで従来のボタンと同じような操作が可能とのこと。

「空中浮遊映像」による非接触インターフェース

空中浮遊映像技術を用いたテンキー
空中浮遊映像技術を用いたテンキー / Credit:村上開明堂

コロナ禍では、トイレやエレベーターのボタンなど不特定多数が利用するインターフェースに触れることが感染の原因となり得ます。

また感染しなくとも、それら公共のボタンは清潔ではなく、多くの人から好まれません。

そのため村上開明堂は、空中浮遊映像技術の先駆者である「株式会社パリティ・イノベーションズ」と共同し、非接触型の次世代インターフェースを開発することにしました。

空中浮遊映像は様々な場面で求められている
空中浮遊映像は様々な場面で求められている / Credit:村上開明堂

新しく開発された空中浮遊映像技術(FPT:Floating Pictogram Technology)は、ホログラムボタンを空中に浮かび上がらせることが可能です

さらに浮かび上がった映像は従来のボタンと同じように機能します。ユーザーが映像にタッチすることで入力が決定されるのです。

現在、開発は最終段階にあり、装置サンプルの外部提供も2月から始まっているとのこと。

非接触FPTシステムの応用性は高く、様々な施設やエリア(病院・マンション・銀行・ショップ)での導入が期待されます。

次ページ空中映像と空中高感度センシングの融合

<

1

2

>

テクノロジーtechnology

もっと見る

Special

注目pick up !!