乳児期に達した脳オルガノイド
乳児期に達した脳オルガノイド / Credit:Nature Neuroscience
brain

人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功 (2/2)

2021.02.24 Wednesday

前ページ培養脳を長期育成した結果、ひっそりと乳児期に移行していたと判明

<

1

2

>

一歩進んだ被検体の誕生

誕生後の脳オルガノイドを使えば誕生後の病気である認知症の解明が進む
誕生後の脳オルガノイドを使えば誕生後の病気である認知症の解明が進む / Credit:Nature Neuroscience

今回の研究により、長期培養されたオルガノイドが、乳児の脳の代用品として使える可能性が示されました。

乳児の段階に達した脳は胎児の脳に比べて被検体として優秀であり、創薬などの分野で、より本物の人間に近い実験素材として用いることが可能です。

特に認知症などの、誕生後にしかみられない症状の正確な把握が進むと考えられます。

研究者たちは今後、培養元となるiPS細胞に神経疾患にかかわる変異遺伝子を組み込んで、病気の乳児の脳を再現し、病理のメカニズムを解明していくとのことです。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!