10億年後の地球には酸素がほとんど存在しない
10億年後の地球には酸素がほとんど存在しない / Credit:Canva
geoscience

地球上の酸素は10億年後に失われ「生命は絶滅する」と判明

2021.03.02 Tuesday

In the Distant Future, All Earth’s Creatures May Asphyxiate From Lack of Oxygen https://futurism.com/distant-future-earth-creatures-asphyxiate-lack-oxygen 酸素に富む地球環境の持続期間は約10億年 https://www.toho-u.ac.jp/press/2020_index/20210302-1122.html
The future lifespan of Earth’s oxygenated atmosphere https://www.nature.com/articles/s41561-021-00693-5

未来の地球に酸素はないようです。

3月1日に『Nature Geoscience』に掲載された論文によれば、10億年後の地球では酸素濃度が現在の1%未満になること。

どうやら豊富な酸素がある状態は、地球の寿命全体のの20%~30%に過ぎないようです。

いったい何が原因で、地球から酸素が失われてしまうのでしょうか?

地球上の酸素は10億年後に失われる

6億年の変化を正しく予測した4800本のエリートシナリオの全てが地球大気からの酸素の消失を予測している
6億年の変化を正しく予測した4800本のエリートシナリオの全てが地球大気からの酸素の消失を予測している / Credit:Nature Geoscience

現在の地球大気には20%を超える酸素が含まれています。

しかし意外なことに、地球の歴史において大気中の酸素が豊富にあった時代はごく限られていました。

生物が利用可能な濃度にまで酸素が増えたのは4.5~4.3億年ほど前であり、これは地球の年齢(45億歳)に比べると「最近の変化」といわざるを得ません。

つまり、何かの拍子に再び無酸素化しても、おかしくないのです。

そこで日本の研究者たちは地球大気の将来を予測することにしました。

予測するにあたってはまず、過去6億年から40万通りのシナリオを含むシミュレーションをおこないました。

シミュレーションの変数には生物活動だけでなく、海洋、大気、マントル、太陽活動も含まれており、非常に包括的なものとなります。

結果、4800通りのシナリオが、6億年ぶんの検証を突破して現在の大気条件にほぼ一致することが判明し、未来の予測に使用可能であることがわかりました。

次に研究者たちは、これらのシナリオ(4800通り)に対して、10億年後の様子を算出させました。

すると、非常に衝撃的な事実が判明します。

4800通り全てのシナリオにおいて、10億年後の地球では酸素濃度が現在の1%以下に減少していることが示されたのです(最も酷い場合は100万分の1)。

この結果は、比較的最近になって大気の主成分として登場した酸素が、早々と退場してしまう運命であることを示します。

しかし、なぜ未来の地球では、酸素が存在しないのでしょうか?

次のページで、未来の地球で何が起きるか示していきます。

次ページ膨張する太陽が二酸化炭素を奪い植物を根絶やしにしていく

<

1

2

3

>

地球科学のニュースgeoscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!