イメージ画
イメージ画 / Credit: jp.depositphotos
medical

世界初、母親のワクチン接種後に「コロナ抗体をもった新生児」が誕生(アメリカ)

2021.03.18 Thursday

US woman gives birth to first known baby with Covid antibodies, doctors say https://www.theguardian.com/us-news/2021/mar/16/florida-woman-vaccine-dose-baby-covid-coronavirus-antibodies First baby in U.S. born with antibodies against COVID-19 after mom receives dose of Moderna vaccine while pregnant https://www.cbsnews.com/news/first-baby-born-covid-19-antibodies-florida-mom-moderna-vaccine/
Newborn Antibodies to SARS-CoV-2 detected in cord blood after maternal vaccination https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.02.03.21250579v1.full

アメリカ・フロリダ州南部で、母親のワクチン接種後にCOVID-19抗体をもつ新生児が誕生しました。

ワクチンを接種した母体から胎児にコロナ抗体が伝わった例は世界で初めてのこと。

子ども用のワクチンが認可されていない中、女性のワクチン接種が新世代の命を守る方法として大いに期待されています。

研究のプレプリントが、2月5日付けで『medRxiv』に掲載されており、現在、査読中とのことです。

コロナに感染しない新生代の誕生もありうる?

フロリダ・アトランティック大学の報告によると、出産をした女性は、コロナ最前線の現場で働く医療従事者であり、妊娠36週目にモデルナ(米の製薬会社)のワクチンを一度だけ接種したとのこと。

その3週後に健康な女児が誕生しています。

同大学の小児科医、ポール・ギルバート氏とチャド・ラドニック氏の研究チームは、出産直後に母体と女児をつなぐ臍帯(さいたい、へその緒)から血液を採取。

それを分析した結果、女児へのコロナ抗体の移動が確認できたのです。

ギルバート氏は「COVID-19に感染した母親が自らの抗体を胎児に伝えた例はすでに知られていました。

しかし、ワクチン接種による抗体の伝達は初めでであり、新生児のコロナ感染リスクを低下させる可能性がある」と指摘します。

また、抗体が母体から胎児に伝わることは、インフルエンザワクチンでも十分に実証されており、チームは、母親のワクチン接種が、新生児保護の一手段となることを期待しています。

イメージ画
イメージ画 / Credit: jp.depositphotos

その一方で、このコロナ抗体により、実際に新生児が保護されているかを判断するには、さらなる研究が必要です。

例えば、母体由来のコロナ抗体の効果はどれほど持続し、胎児の保護にはどのくらいの抗体が必要かを知らなければなりません。

これと別に、マサチューセッツ総合病院では最近、コロナワクチンの接種を受けた131名の女性(妊娠中84名、授乳中31名、対照群[非妊娠]16名)を対象に、同様の調査が実施されました。

その結果、妊娠および授乳中の女性でも対照群と同等の強い免疫反応が認められ、さらに、採取した血液と母乳の両方にコロナ抗体が確認されています。

これらは、子ども用のコロナワクチンが認可されていない現段階で、妊娠女性のワクチン接種が新生児の感染予防に有効であることを示します。

この方法が確立され、世界に浸透すれば、コロナの効かない新世代が続々と誕生するかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

医療medical

もっと見る

Special

注目pick up !!