圧力を検知する触覚テキスタイル
圧力を検知する触覚テキスタイル / Credit:Yiyue Luo
technology

「触覚を検知できる特殊な繊維」を開発 センサーは「装着する」から「着る」時代へ

2021.04.03 Saturday
Tactile textiles sense movement via touch https://news.mit.edu/2021/tactile-textiles-sense-movement-via-touch-0331
Learning human–environment interactions using conformal tactile textiles https://www.nature.com/articles/s41928-021-00558-0

近年、スマートウォッチやスマートグラスなど、身に着ける電子機器「ウェアラブルデバイス」の開発が盛んです。

そんな中、アメリカ・マサチューセッツ工科大学(略称:MIT)の人工知能研究所(略称CSAIL)に所属するYiyue Luo氏ら研究チームは、人の動きやポーズを感知する生地「触覚テキスタイル」を開発しました。

これは特殊な繊維が編み込まれた生地です。この生地で作られたシャツを着たり靴下をはいたりするだけで、正確な動きが検知できるとのこと。

研究の詳細は、3月24日付けの科学誌『Nature Electronics』に掲載されました。

特殊繊維を編み込んでつくる触覚感知の織物

私たちが身体の動きを検知・分析したい場合、ウェアラブルデバイスが役立ちます。

この種の従来のウェアラブルデバイスは、身体に多数のセンサーを身に着け、そのセンサーから動きを読み取るというものでした。

しかしLuo氏によると、「たくさんのセンサーアレイを製造すると、そのうちのいくつかは動作しなかったり、他より動作が悪かったりします」とのこと。

大量生産のセンサーを多数装着する従来の方法では、高精度のデータを得るのが難しいのです。

触覚を感知できる特殊繊維を編み込む
触覚を感知できる特殊繊維を編み込む / Credit:Yiyue Luo

そこで研究チームは、触覚を感知できる特殊な繊維を使うことにしました。

衣服にセンサーを装着するのではなく、まず触覚センサーを編み込んだ生地をつくり、その生地で自由に衣服をつくれるようにしたのです。

これにより、着用者の動きやポーズを正確に把握できる「触覚テキスタイル(織物)」が完成しました。

触覚テキスタイルは柔らかい
触覚テキスタイルは柔らかい / Credit:Yiyue Luo

触覚テキスタイルの利点は、少量の特殊繊維を編み込むだけなので、通常の布地と同じように扱えることです。

柔軟性・通気性・伸縮性が備わっており、さまざまな形に適用できます。

また既存のウェアラブルデバイスとは異なり、大規模な衣服生産に組み込むことも可能とのこと。

次ページ触覚テキスタイルの衣服は動きやポーズを感知する

<

1

2

>

テクノロジーtechnology

もっと見る

Special

注目pick up !!