哺乳類のヒゲは神経が通っていないのに、触覚を感じ取る能力がある。
哺乳類のヒゲは神経が通っていないのに、触覚を感じ取る能力がある。 / Credit:canva
technology

哺乳類のひげが触覚として機能する理由が明らかに

2021.04.17 Saturday

Whisker simulation gives insight into mammals’ sense of touch(Northwestern University) https://news.northwestern.edu/stories/2021/04/whisker-simulation-gives-insight-into-mammals-sense-of-touch/
Constraints on the deformation of the vibrissa within the follicle https://journals.plos.org/ploscompbiol/article?id=10.1371/journal.pcbi.1007887

ネコのヒゲは切ってはいけない、なんて話を聞いたことがあるでしょうか?

ネコに限らず、哺乳類のヒゲは単なる飾りではなく触覚センサーとして機能しています。

しかし、そのメカニズムは実のところ、現在も正確にはわかっていません。

4月1日に科学雑誌『PLoS ComputationalBiology』に発表された新しい研究は、ひげ毛包内の機械的シミュレーションを開発することに成功し、ひげがどうやって物体に触れた感覚を脳に伝えているかの手がかりを発見したと報告しています。

これは動物だけでなく、人間の触覚機能を理解する上でも重要な研究です。

 

周囲の状況を把握する動物のヒゲ

鬱陶しそうに見えても、安易に猫の日ヒゲを切ってはいけないらしい。
鬱陶しそうに見えても、安易に猫の日ヒゲを切ってはいけないらしい。 / Credit:canva

ネコは狭い場所にも巧妙に入り込み、壁やモノにぶつからないよう器用に歩くことができます。

しかし、ネコはヒゲを切られると、途端に平衡感覚を失って周りの壁やモノにぶつかりやすくなってしまいまうんです。

これは彼らのヒゲが、空気の流れや、周囲にある物体に触れた感覚を正確に感じとる機能を持っているため。

しかし、動物のヒゲは昆虫の触角と異なり神経が通っているわけではありません

では、神経を持たない毛が、どうやって細やかな感触をへ伝えているのでしょうか?

ヒゲの根本は、皮膚内の毛包という深いポケットの中にあります。当然ヒゲの触覚は、神経と接しているこの部分を使って脳へ伝達されているはずです。

けれど、毛包内を研究するというのは非常に困難です。

毛包を切り開いて観察しようとすると、毛包内のヒゲの格納状態が変わってしまうため、プロセスを正確に実験で測定できないのです。

そのため、これは長年の謎となっていました。

そこで今回、ノースウエスタン大学の研究チームは、ヒゲが物体に触れたという感覚を毛包内の細胞がどうやって脳へ伝えているか、機械的なシミュレーションを開発することで明らかにしようと試みたのです。

次ページ毛の曲がり具合が毛包内の特定の感覚を刺激する

<

1

2

>

テクノロジーtechnology

もっと見る

Special

注目pick up !!