トルコに現存するヴァレンス水道橋の一部
トルコに現存するヴァレンス水道橋の一部 / Credit:en.wikipedia
history archeology

古代ローマの水道橋が700年間きれいに利用できたワケ

2021.05.16 Sunday

The Aqueduct of Constantinople: Managing the longest water channel of the ancient world(JGU) https://www.uni-mainz.de/presse/aktuell/13575_ENG_HTML.php
Carbonates from the ancient world’s longest aqueduct: A testament of Byzantine water management https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/gea.21853

ローマ帝国の偉業を伝える記録者ディオニュシオスは、ローマの異常な偉大さは三大インフラ事業に表れていると著書『ローマ古代誌』の中に記しています。

その三大インフラ事業の1つ、上水道として都市に水を運んでいたのが水道橋です。

当然ですが上水道は、清潔な水を運ぶことが使命です。しかし、古代ローマ人は一体どうやって水路の清潔さは保っていたのでしょうか?

ドイツのヨハネス・グーテンベルク大学マインツ(JGU)の研究チームは、当時最長だったヴァレンス水道橋の調査を行い、水路が放棄される数す年前まで洗浄されていて堆積物がほとんどないことを発見しました

どうやらローマ人は水路を二重に用意することで、上水道を常時稼働させながらメンテナンスしていた可能性があるのです。

この研究の詳細は、5月6日に科学雑誌『Geoarchaeology』に掲載されています。

古代ローマの優れた建築技術の象徴「長距離水道橋」

紀元前1世紀後半から10世紀以上にわたって続いた、偉大なローマ帝国は現代から見ても非常に優れた建築技術を持っていました。

その技術力を象徴するのがローマの三大インフラ事業です。

古代ローマ人は、劇場や神殿などの建築物以外にも、上下水道と舗装道路といったインフラも整備していました。

舗装路は全長8万以上(地球2周分)もあったといわれ、都市には飲水や浴場に水を運ぶ上水道と排水路があったのです。

そして、離れた水源から都市に清潔な水を運んでいたのが、非常に巨大な長距離水道橋でした。

ローマ帝国のほとんどの都市には、水道橋から新鮮な水道水が十分に供給されていて、中には現在よりも大量の水が供給されていた場所もあったといいます。

この水道橋は、2000年以上の時を経た現代でも、南フランスのポン・デュ・ガールに代表されるように一部の遺構が残っています。

南フランスのポン・デュ・ガールに残る水道橋
南フランスのポン・デュ・ガールに残る水道橋 / Credit:Wikipedia

ローマの長距離水道橋は、現時点でも2000以上が知られていて、今後さらに発見される可能性があります。

長距離水道橋は現代の技術をもってしても建設することはかなり困難だろうと考えられています。

当時のローマ人はすでにクレーンなどの建築機器技術も持っていて、大規模な公共工事を実現させていました。

古代ローマ人の水道橋建築の想像図
古代ローマ人の水道橋建築の想像図 / Credit:elocasoderoma.com

紀元324年、時のローマ皇帝コンスタンティヌスは、陸路と海路の交差するコンスタンティノープル(現トルコのイスタンブール)をローマ帝国の新しい首都に定めました。

しかし、コンスタンティノープルは地政学的には重要な位置にありましたが、淡水の供給に問題を抱える土地でした。

そこでローマ帝国は、都市から西60kmのち天にある泉から水を供給する新たな水道橋を建設しました。

その後も都市は発展を続け、5世紀にはさらに都市から直線距離で120km離れた泉まで水道橋は延長され、最終的に水道橋の総距離は426kmにもなったのです。

コンスタンティノープル(現代のイスタンブール)から伸びる水道橋。青は4世紀、赤は5世紀に建設された水路
コンスタンティノープル(現代のイスタンブール)から伸びる水道橋。青は4世紀、赤は5世紀に建設された水路 / ©: Cees Passchier,JGU

この水道橋は石とコンクリートで作られた巨大な水路で、途中に90の大きな橋、そして合計5kmに及ぶ複数のトンネルで構成されていました。

今回の研究は、このローマ時代後期のもっとも壮大な水道橋「ヴァレンス水道橋」の調査に焦点を当てています。

次ページどうやって水路をきれいに保っていたのか?

<

1

2

>

歴史・考古学history archeology

もっと見る

Special

注目pick up !!