ペットボトルのリサイクル先はバニラ香料
ペットボトルのリサイクル先はバニラ香料 / Credit:Depositphotos
chemistry

大腸菌でペットボトルを「バニラ」にする方法が開発される

2021.06.19 Saturday

Plastic-eating bacteria turns waste into vanilla flavoring https://www.zmescience.com/science/news-science/plastic-eating-bacteria-turns-waste-into-vanilla-flavoring/
Microbial synthesis of vanillin from waste poly(ethylene terephthalate) https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2021/gc/d1gc00931a#!divAbstract

アイスクリームやスイーツに使用されるバニラは、多くの消費者が好む香りです。

イギリス・エディンバラ大学(University of Edinburgh)生物科学部に所属するジョアンナ・サドレラ氏ら研究チームは、一般的な大腸菌によってポリエチレンテレフタラート(略称:PET)をバニラ香料「バニリン」に変換することに成功しました

使用済みペットボトルのリサイクル先として新たな展開が期待できます。

研究の詳細は、6月10日付の科学誌『Green Chemistry』に掲載されました。

ペットボトルの新たなリサイクル先はバニラ香料かもしれない

甘い香りのバニリンは、幅広い業界で必要とされている
甘い香りのバニリンは、幅広い業界で必要とされている / Credit:Depositphotos

バニリンとはバニラの香りの主成分であり、天然物であればバニラビーンズの中に多く含まれます。

そしてバニリンは人工的な合成も可能であり、天然物に比べてはるかに安価です。

そのため現在、私たちの周りにあるバニラ香料のほとんどは、合成バニリンが使用されています。

さて、今回の研究ではペットボトルのリサイクル先として、バニリンが挙げられています。

全く無関係のように思えますが、研究チームはプラスチックをバニリンに変換する方法を発見したのです。

次ページ大腸菌によってペットボトルをバニリンに変換

<

1

2

>

化学のニュースchemistry news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!