呼気中の硫化水素を検知する小型口臭チェッカーが開発される
呼気中の硫化水素を検知する小型口臭チェッカーが開発される / Credit:Depositphotos
science technology

医療目的でも利用できる親指サイズの高性能「口臭チェッカー」が開発される

2021.07.23 Friday

Newly-Developed Portable Device Can Rapidly Detect Bad Breath http://www.sci-news.com/medicine/bad-breath-sensor-09887.html
Surface Activity-Tuned Metal Oxide Chemiresistor: Toward Direct and Quantitative Halitosis Diagnosis https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acsnano.1c01350

友人や家族に会うとき、また恋人とデートするとき、多くの人は自分の口臭が気になります。

私たちの望みは、「速やかに」そして「誰にも気づかれずに」口臭をチェックすることです。

韓国科学技術院(KAIST)材料科学工学科に所属するキム・イルドゥー博士ら研究チームは、親指サイズの小型口臭チェッカーを開発しました。

呼気中の硫化水素(H2S)を検知して素早く口臭を評価できます。

研究の詳細は、6月25日付の学術誌『ACS Nano』に掲載されました。

正確な口臭チェックは難しい

口臭のほとんどは口腔内から発生する「生理的口臭」です。

生理的口臭は「卵が腐ったような臭い」であり、起床時の口臭などがこれに当てはまります。

この臭いは硫化水素が原因であり、口腔内で細菌が繁殖することで生じます。

つまり口臭チェックするには、呼気中に含まれる硫化水素を検知すればよいのです。

高精度の口臭チェックは難しい
高精度の口臭チェックは難しい / Credit:Depositphotos

実際、私たちの周囲には硫化水素を検知する安価な「ポータブル口臭チェッカー」がたくさんあります。

しかしこれらは医療器具ではなく、必ずしも正確な測定値が出るわけではありません。

研究チームも論文内で、「高選択性(特定の化学反応が優先的に起こる)・高感度の硫化水素ガスセンサーの作製は依然として困難であり、実際の呼気による分析は、私たちの知る限り、適切に行われていない」と述べています。

もちろん、歯科医が利用するような高精度の口臭チェッカーもありますが、それらは院内に設置されている高価な機器によるものであり、一般の人は気軽に利用できません。

そこでチームは、高精度で誰もが簡単に利用できるポータブル口臭チェッカーの開発に取り組みました。

次ページ親指サイズの口臭チェッカーは86%の精度を誇る

<

1

2

>

サイエンス&テクノロジーのニュースscience technology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!