戦慄! 世界中で鳴り響く謎の爆音『Mysterious Boom』が怖い

supernatural 2017/12/11

新約聖書の中の『ヨハネの黙示録』という書をご存じでしょうか。

昔からオカルト界隈ではたびたび話題になっているので、キリスト教の信者ではなくとも聞いたことがある人も多いと思います。

そのヨハネの黙示録の中に、天使がラッパを吹いて世界の終焉を告げるといった内容が書かれています。

数年前から何度か、「アポカリプティックサウンド」というものが話題になったのを覚えているでしょうか。話題になるたびに世界が終るのでは!?なんて言われています。

アポカリプティックサウンドを幾つかまとめた動画がこちら。

不気味に空に響き渡ったその大きな音は、オカルト界隈ではヨハネの黙示録の天使のラッパのことではないかと騒がれましたが、数年が経過し、何事もなかったかのように話題に上らなくなりました。

しかし、最近になってまた謎の音が世界中で聞かれるようになったのです。

Mysterious Boom

Credit: peninsuladailynews

時は流れて2017年11月14日夜、アメリカのアラバマ州で大きく不気味な音が響き渡りました。この音は多くの家の壁や窓を震わせ、多くの人が警察に通報し、多くの報道番組でも取り上げられました。翌日15日にはアイダホ州でもその音は観測されたのです。

家を震わせるほど大きく不気味なその音は「Mysterious Boom」と呼ばれており、中でもアラバマ州のMysterious Boomはインパクトが強かったためか、「BamaBoom」と独自の呼び名で呼ばれています。

この「Mysterious Boom」、なんとこの1年ほどの間に世界64か所以上で観測されているのです。

観測された中で原因が解明されていないものをまとめてみました。アメリカが多いですが、スペインやオーストラリアなどでも観測されています。


11月18日 – ミシガン州
11月15日 – アイダホ州
11月14日 – アラバマ州  
11月8日 – テネシー州  
11月4日 – オレゴン州
11月3日 – ミネソタ州 
11月1日と2日 – ニュージャージーとサンディエゴ
10月25日 – ニュージャージー州
10月20日 – ブリティッシュコロンビア州
10月17日 – ノースカロライナ州
10月10日 – デトロイト
9月25日 – セントアイブス
9月22日 – フロリダ州テンプルテラス
9月7日 – オーストラリア、モランバ
5月30日 – タウランガ、ニュージーランド
5月26日 – ケント
5月24日 – テキサス州
5月19日 – マサチューセッツ州
5月16-17日 – リンカンシャー
5月12日 – テネシー州
5月11日 – アバーガベニー、ウェールズ
4月25日 – サンディエゴ
4月17日 – ミシガン州
4月15日 – ミシガン州
4月9日 – メイン州
4月3日 – テキサス州
3月 – バーモント州
3月27日 – コーンウォール
3月26日 – アリゾナ州
3月25日 – ゴードンベール、オーストラリア
3月22日 – ウィスコンシン州
3月12日 – ニューヨーク
3月11日 – ケンタッキー州
3月5日 – モントリオール
3月2日 – ノッティンガム
2月27日 – ルイジアナ
2月13日 – オハイオ
2月12日 – インディアナ州
2月10日 – ペンシルベニア州
1月30日 – ニューオーリンズ
1月30日 – ワシントンDC
1月29日 – メリーランド
1月24日 – サンディエゴ
1月20日 – スワンジー
1月19日 – ニューオーリンズ
1月18日 – ノースカロライナ州
1月17日 – カンタベリー
1月16日 – ウェールズ
1月16日 – 大マンチェスター
1月13日 – マルセイユ
1月12日 – ノースヨークシャー州
1月6日 – ルイジアナ
1月6日 – オレゴン州
1月5日 – リバプール
1月4日 – ミズーリ州
1月4日 – ワシントン
1月3日 – コネチカット州

どんな音なのか

その音の発生源は何なのか?

英語ですが、その音や報道をまとめた動画を発見しました。

最初に聞いた時には、空爆の音?と思いましたが、もちろん戦争状態の地域ではありませんし、まるで大きな太鼓を打ち鳴らすようなその音は、聞いている人を不安にさせてくれます。

実際にアラバマ州では家の壁や窓が震えるほどの大きさで聞こえたため、恐怖で警察に通報した人が多かったようです。

Credit: youtube

このおばちゃんは「窓が揺れるほどの衝撃があり、テーブルの上のものがバウンドした。何かが家にぶつかったのか、爆発でもあったのかと思った。」みたいなこと言ってます。かなりの爆音だったようです。

Credit: youtube

ある報道番組では上空の温度が高い場合、音が増幅して跳ね返って聞こえるのではないかという説が唱えられているようです。

原因は?

Mysterious Boomの気になる原因としては以下のような内容が推察されています。

1.軍事演習

アメリカでの報告が多いMysterious Booms、アメリカ軍なら秘密の演習なんかもやってそうなので、しっくりくる気もします。軍用機が作り出すソニックブームや演習の音が原因なのでしょうか。

2.異常気象

激しい雷雨などに伴う音が、離れた地域にMysterious Boomsとして響き渡っているのでしょうか。確かに日本でもゲリラ豪雨なんかの時に、遠くの雷の音が聞こえてくることは多々ありますが、単純に雷の音であればここまで話題にならない気がします。

3.隕石

2013年のチェリャビンスク州(ロシア)に落ちた隕石の報道で、その衝撃波の凄まじさはご存知の方も多いはず。

実際にMysterious Boomsと報告されたものの中には、調べたところ隕石によるものだったと解明されているケースが数件存在しています。

4.エイリアン

陰謀論者はすぐに乗っかりますね。オカルト好きとしては期待したいところですが、議論の余地はないとされているようです。

スカイクエイク

Credit: Pixabay

アポカリプティックサウンドや今回のMysterious Boomのように空から聞こえる原因不明の大きな音は、一般的にスカイクエイク(Skyquake)と呼ばれています。スカイクエイクもやはり原因は不明とされており、仮説としてはCME(コロナ質量放出)、隕石、ガス(ガス爆発)、軍用航空機、地震、地磁気、雷などが原因として挙げられています。

アポカリプティックサウンド、Mysterious Boom、スカイクエイク、どれもYoutubeなどで動画を探して音を聞いてみると似通っている気がします。

海鳴り

日本では海鳴りと呼ばれる現象がMysterious Boomに少し似ているのではないでしょうか。

海鳴りの原因は沖合で荒れた天候により崩れた波の音が雲に反射すると考えられているようです。

今も世界中で観測され続けているMysterious Boom。世界の終末を告げるラッパの音、とは違うのでしょうが、原因解明に期待したいところです。

 

text by 渡邊ぞんび

SHARE

TAG

supernaturalの関連記事

RELATED ARTICLE