1枚目の画像
Credit:BO RI SEO et al . 2021 . SCIENCE TRANSLATIONAL MEDICINE . Skeletal muscle regeneration with robotic actuation–mediated clearance of neutrophils
medical

マッサージ効果の科学的解明に成功! 炎症物質を洗い流して回復速度を2倍にしていた (2/5)

2021.10.08 Friday

Massage doesn’t just make muscles feel better, it makes them heal faster and stronger https://wyss.harvard.edu/news/massage-doesnt-just-make-muscles-feel-better-it-makes-them-heal-faster-and-stronger/
Skeletal muscle regeneration with robotic actuation–mediated clearance of neutrophils https://www.science.org/doi/10.1126/scitranslmed.abe8868

マッサージには役割を終えた炎症細胞や炎症物質を洗い流す効果があった

1枚目の画像
Credit:Canva . ナゾロジー編集部

マッサージが行われた筋肉では何が起きているのか?

謎を確かめるため研究者たちは、治療を受けたマウスと未治療のマウスの筋肉を摘出し、分子レベルでの違いを比較しました。

結果、マッサージが3日間行われたマウスの筋肉では、炎症物質(サイトカインやケモカイン)が劇的に低下していました。

これら炎症物質は、好中球と呼ばれる免疫細胞を呼び込むことが知られています。

そこで研究者たちは、筋肉に入り込んできている好中球の数も比較してみました。

すると、治療を受けたマウスの筋肉では、好中球の数も大きく減少していると判明。

これらの結果から研究者たちは、マッサージによって炎症物質や免疫細胞が筋肉から「洗い流された」ことが、回復力の強化につながったと考えました。

ですが、好中球は病原体や破壊された組織の細胞を殺して排除する働きがあり、サイトカインも含めて、本来なら免疫にとってなくてはならない重要な細胞です。

そんな大事な免疫にかかわる因子たちなのに、どうして回復の邪魔になっていたのでしょうか?

次ページ用済みのヒーロー(炎症細胞)にはさっさと退場してもらう

<

1

2

3

4

5

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!