「ドウグロタマリン」の双子が誕生
「ドウグロタマリン」の双子が誕生 / Credit: National Zoo(smithsonianmag) – Zoo’s Historic Newborn Tamarin Twins Cling to Mom, Doing What Healthy Babies Do(2021)
animals plants

金のたてがみをもつサル「ドウグロタマリン」の双子がアメリカで誕生!16年ぶりの快挙

2021.10.22 Friday

Zoo’s Historic Newborn Tamarin Twins Cling to Mom, Doing What Healthy Babies Do https://www.smithsonianmag.com/smithsonian-institution/zoos-historic-newborn-tamarin-twins-cling-to-mom-doing-what-healthy-babies-do-180978915/

タマリン」というサルをご存知でしょうか。

中南米の熱帯雨林にのみ生息する、オマキザル科の非常に小柄な霊長類です。

日本で暮らしていると、「見たことも聞いたこともない」という方がほとんどかもしれません。

いくつかの種類は、絶滅危惧種にも指定されており、施設内で保護されています。

そしてこのほど、ワシントンDCにあるスミソニアン国立動物園(Smithsonian’s National Zoo)にて、ドウグロタマリン(学名:Leontopithecus chrysomelas)のメスが、双子のベビーを出産したと発表されました。

同園で双子が生まれるのは、16年ぶりのことです。

タマリンは「双子出産」が普通

タマリンはとても小さなサルとして有名で、体長は平均13〜30センチ体重はわずか220〜900グラムほど

昼行性で熱帯雨林の樹上にて生活し、果物や植物、昆虫、鳥の卵、小型の脊椎動物など、わりと何でも食べます。

通常は、3〜9頭のコロニーで暮らしますが、40頭ほどが集まる大所帯もあるようです。

妊娠期間は140日前後で、もとから双子出産が多いとのこと。

母親だけでなく、父親や、そのほかの若い個体も養育に参加します。

成熟には2年かかり、野生では分かりませんが、飼育下での寿命は18年ほどです。

面白いのはその見た目で、種ごとにユニークな体毛をしています。

王様のような白ひげが特徴の「エンペラータマリン」
王様のような白ひげが特徴の「エンペラータマリン」 / Credit: ja.wikipedia
純白の冠毛がおしゃれな「ワタボウシタマリン」
純白の冠毛がおしゃれな「ワタボウシタマリン」 / Credit: ja.wikipedia

今回、スミソニアン国立動物園で生まれたのは、ドウグロタマリンの双子です。

英名では、ゴールデンヘッド・ライオンタマリン(golden-headed lion tamarin)と呼ばれ、顔まわりの金色の体毛が、ライオンのたてがみを思わせることに由来します。

ブラジル北東部・バイーア(Bahia)州の熱帯雨林にしか生息せず、個体数が年々減っています。

現状で、わずか6000頭しかいないとされ、国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧種に指定されました。

主な原因は、森林伐採による生息地の減少です。

オスの「ドウグロタマリン」、ライオンに似ている
オスの「ドウグロタマリン」、ライオンに似ている / Credit: en.wikipedia

双子の親となったのは、同園で保護されているメスのローラ(Lola・3才)と、オスのココ(Coco・7才)です。

ローラとココの繁殖は、お互いに興味を持つステップから慎重に始められています。

飼育スタッフは、2匹を隣り合ったケージに置き、網目のスクリーンを挟んでゆっくり馴染むようにしました。

この方法で、お互いの姿や匂い、音に慣れさせ、網目の大きさによっては、少しだけ触れることもできます。

最初の観察で良好な結果が得られれば、スクリーンを取り外して、同じ空間を共有させます。

アシスタント・キュレーターのケントン・カーンズ(Kenton Kerns)氏は「ローラとココはすぐに互いに興味を持ち、一緒に過ごす時間も多かった」と話します。

ほどなく、ローラの体重が増えて、お腹が大きくなっていました。

そして、今月7日、ローラは妊娠4ヶ月で、無事に双子を出産しています。

母親のローラと背にしがみつく双子
母親のローラと背にしがみつく双子 / Credit: National Zoo(smithsonianmag) – Zoo’s Historic Newborn Tamarin Twins Cling to Mom, Doing What Healthy Babies Do(2021)

スタッフは生まれたばかりの赤ちゃんを見ようとしましたが、すぐには見れなかったそう。

カーンズ氏によると、「双子は母親であるローラの背中にうずくまって、うまくカモフラージュし、姿が見えなかった」という。

しかし今では、上の写真のように、頭をあげてキョロキョロと周りを見回しています。

同園での双子タマリンの出産は、16年ぶりの快挙です。

まだ性別が確認できていないため、双子に名前は付けられていません。

半年後に最初の健康診断を行ったのちに、名前を決める予定とのこと。

この4人家族は園内で一般公開されていますが、双子を溺愛するローラとココは、世話に夢中で、来客には見向きもしないそうです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!