自律型船舶「Roboat Ⅲ」
自律型船舶「Roboat Ⅲ」 / Credit:MIT_One autonomous taxi, please(2021)
traffic

操舵手のいない自立型船舶「Roboat」がアムステルダムの運河で運航開始

2021.10.30 Saturday

One autonomous taxi, please https://news.mit.edu/2021/autonomous-taxi-roboats-1027 MIT deploys first full-scale autonomous Roboat on canals of Amsterdam https://newatlas.com/marine/mit-first-full-scale-autonomous-roboat-amsterdam/

オランダのアムステルダムは、160以上の運河が縦横に巡る美しい都市です。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の科学者たちは、このアムステルダムの運河を運航する完全自律型の小型船舶を開発しました。

彼らが開発した3番目のモデル「Roboat Ⅲ」は、乗組員の操作を必要とせず、乗客や荷物、商品を目的地まで運べます

操縦士のいらない自律型船舶「Roboat Ⅲ」が都市の運河を巡る

自律型舶「Roboat」のプロジェクトは、2015年末から始まりました。

このプロジェクトはいくつかの段階に分かれており、単なる小型船舶の機能だけでなく、橋の役割を果たせる公共インフラとして、柔軟な活躍が期待されてきました。

開発段階のRoboat。3艘がドッキングしている
開発段階のRoboat。3艘がドッキングしている / Credit:MIT_MIT’s fleet of autonomous boats can now shapeshift(2019)

複数のRoboatがドッキングすることで瞬時に浮橋を形成したり、単純に船舶として物流に利用したりするのです。

そしてシリーズ最終作として完成したのが、今回のRoboat Ⅲです。

Roboat Ⅲは特に人や物を運ぶ能力が強化されており、自律的にそのすべてを行えます。

全長4mの船体には5人乗ることができますが、操縦士が乗船する必要はありません。

Roboat Ⅲは5人乗り
Roboat Ⅲは5人乗り / Credit:MITCSAIL(Youtube)_Roboat III: A Robotic Boat Transportation System(2021)

すべてのRoboat Ⅲが自律的に運航するため、50艘以上のRoboat Ⅲの監視に必要なのは、陸上の管理者たった1人です。

しかもRoboat Ⅲは、作業内容に応じて、甲板部分を切り替えられるようなっています。

イスが装備された乗客用デッキは簡単に取り外し可能

平らな足場デッキに切り替え、他のRoboat Ⅲとドッキングするなら、即席の浮橋に早変わりします。

甲板部分を変更して即席の浮橋にすることも可能
甲板部分を変更して即席の浮橋にすることも可能 / Credit:MITCSAIL(Youtube)_Roboat III: A Robotic Boat Transportation System(2021)

このようにRoboat Ⅲは、汎用性のある自律型船舶として様々な活躍が期待できるでしょう。

では、これらの機能に欠かせない自律性はどのように確立されているのでしょうか?

次ページ運河の障害物をスキャンし学習する制御アルゴリズムを搭載

<

1

2

>

交通のニュースtraffic news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!