自律型船舶「Roboat Ⅲ」
自律型船舶「Roboat Ⅲ」 / Credit:MIT_One autonomous taxi, please(2021)
traffic

2021.10.30 Saturday

操舵手のいない自立型船舶「Roboat」がアムステルダムの運河で運航開始 (2/2)

前ページ操縦士のいらない自律型船舶「Roboat Ⅲ」が都市の運河を巡る

<

1

2

>

運河の障害物をスキャンし学習する制御アルゴリズムを搭載

橋や柱、船舶との衝突を避けなければいけない
橋や柱、船舶との衝突を避けなければいけない / Credit:MITCSAIL(Youtube)_Roboat III: A Robotic Boat Transportation System(2021)

Roboat Ⅲは電気によって稼働し、搭載されたバッテリーで最大10時間の連続運航が可能

さらにバッテリーはワイヤレス充電にも対応しています。

そしてRoboat Ⅲの自律機能は、複数のシステムによって確立されています。

まずGPSを利用することで、ある地点から目的地まで安全なルートを自律的に決定します。

その際、橋や柱、他の舶などとの衝突を避けるため、常に周囲をスキャンしているとのこと。

これは船体の前後に装備されたカメラ・センサーによって可能になっており、360°の視野を確保できます。

船体前後に装備された筒形のセンサー
船体前後に装備された筒形のセンサー / Credit:Roboat(MIT)

そして制御アルゴリズムはスキャンした物体を徐々に学習していくようです。

例えば、システムが新しい物体をスキャンすると、アルゴリズムはその物体に対して「unknown(不明)」というタグ付けを行います。

後日チームは、収集したデータを元に、不明タグに対して「カヌー」などと名前を付けていけるのです。

これにより安全で適用力のある自律システムが確立され、操縦士が必要なくなりました。

チームはすでに、2艘のRoboatをアムステルダムに配備しており、今後は一般利用に向けた実証実験が行われる予定です。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

交通のニュースtraffic news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!