サルの脳に500本の電極を刺し込んで仲間とその他を決定する回路を発見!
サルの脳に500本の電極を刺し込んで仲間とその他を決定する回路を発見! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
brain

サルの脳に500本の電極を刺し込んで「仲間を見分ける脳回路」を発見 (2/2)

2021.11.07 Sunday

前ページサルの脳に500本の電極を刺し込んで仲間とその他を決定する回路を発見!

<

1

2

>

仲間回路を遮断すると嫌いなはずのサルにプレゼントするようになる

仲間回路を遮断すると嫌いなはずのサルにプレゼントするようになる
仲間回路を遮断すると嫌いなはずのサルにプレゼントするようになる / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

利己と利他がうずまく「円卓のサル」のでは何が起きていたか?

研究者たちはサルの行った行動の種類にあわせて、500本の電極がキャッチした500個の脳細胞の活動パターンを比較しました。

結果、極が刺し込まれた背内側前頭前野(dmPFC)の細胞は、特定のアクションと結果に連動して活性化していました(たとえば、リンゴをプレゼントされたという結果に反応する細胞グループ)。

また細胞の多くは、目の前で行われている行動や結果だけでなく、他のサルたちの過去の行動に関する情報もコード化して保存していました

また全ての細胞の活動を総合的に分析することで研究者たちは、卓を回す権利を得たサルが次にどのような行動を起こすか(どちらのサルにプレゼントを与えるか・または報復を行うか)を70%の精度で予測できるようになりました

この結果は背内側前頭前野(dmPFC)がサルの「仲間回路」を内包していることを示します。

なおマウスでは、仲間に反応して助けようとする回路が発見されています。

ラットに仲間を助け他者を見捨てる「差別の脳回路」が見つかる

しかしより興味深い結果は、電極を使ってプレゼントの授受が行われるときに活性化する背内側前頭前野(dmPFC)を電気刺激で遮断したときに起こりました。

仲間とのプレゼント授受にかかわる背内側前頭前野(dmPFC)の機能を遮断されたサルは、プレゼントを往復させる頻度が減るだけでなく、細胞の活動から予測されるのとは逆の行動パターンをとり、本来は嫌いだったサルにプレゼントをする頻度が増えていたのです。

研究者たちは今後、この脳領域の機能を直接的・間接的に制御することで、人間関係を円滑にするような薬を開発できると考えています。

もしかしたら未来の世界では、誰もが陽キャとなれる薬で、交友や恋愛を楽しんでいるかもしれませんね。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!