一生に一度の激レアな遭遇
一生に一度の激レアな遭遇 / Credit: Jacinta Shackleton, @jacintashackleton
animals plants

七色に輝く幻想的な生物「ブランケット・オクトパス」を奇跡的に浅瀬で撮影!

2022.03.03 Thursday

2022.01.18 Tuesday

Rare octopus video shows ‘once-in-a-lifetime encounter’ https://www.livescience.com/rare-blanket-octopus-video ‘Dancing through the water’: rare sighting of blanket octopus in Great Barrier Reef https://www.theguardian.com/environment/2022/jan/13/dancing-through-the-water-rare-sighting-of-blanket-octopus-in-great-barrier-reef

オーストラリア北東部の浅瀬で、きわめてレアなブランケット・オクトパスが発見されました。

ブランケット・オクトパスは通常、沖合に生息し、浅瀬に出没することはないという。

発見者で、海洋生物学者のジャシンタ・シャックルトン(Jacinta Shackleton)氏は、地元の取材に対し、「一生に一度の遭遇(once-in-a-lifetime encounter)」と話しています。

それほど貴重なブランケット・オクトパスとは、一体どんな生物なのでしょうか。

一生に一度レベルの奇跡の遭遇!

ブランケット・オクトパスと奇跡の遭遇
ブランケット・オクトパスと奇跡の遭遇 / Credit: Jacinta Shackleton, @jacintashackleton

シャックルトン氏は今月6日、クイーンズランド州のレディ・エリオット島付近でダイビング中に、奇跡の遭遇を果たしました。

「最初に見たときは、長いヒレを持つ幼魚と思ったのですが、近づくにつれ、それがブランケット・オクトパスだとわかり、喜びを抑えきれませんでした!」と興奮気味に語っています。

ブランケット・オクトパスは、亜熱帯から熱帯の沖合に生息するムラサキダコ(Tremoctopus)属の種です。

岩場に隠れて生息することが多いタコの中で、ブランケット・オクトパスは珍しいことに水面を漂うように泳ぎます。

サンゴ礁の保護に取り組む非営利団体・グレートバリアリーフ財団(Great Barrier Reef Foundation)によると、ブランケット・オクトパスの野生個体は同属の中でもめったに見られないグループだという。

一番の特徴は、腕の間に伸びる水かきのような肉厚のマントです。

これがブランケットを着ているように見えることから、この名前が付けられました。

こちらは2019年にフィリピン沖で夜間ダイビングの最中に撮影されたブランケット・オクトパスです。夜間のライトに照らされたときも、このように七色に輝く幻想的なヒレをしています

深海では虹色に見える
深海では虹色に見える / Credit: Joseph Elayani/youtube(2019)

今回は浅瀬で見つかったため、そのブランケットが光を透かして輝く珍しい姿が映されています。

人工のライトを反射したときとは違った妖しい魅力がありますね。

浅瀬で見るブランケット
浅瀬で見るブランケット / Credit: Jacinta Shackleton, @jacintashackleton

シャックルトン氏が遭遇したのは、若いメスの個体です。

このグループではメスが非常に特権的で、ブランケットはメスにしかありません。いざというときにはそれを取り外して捕食者の気をそらしたりします。

また、メスはオスに比べてはるかに大きく、メスは体長約2mまで成長しますが、オスは2.4cmにも達しません。

この雌雄間のサイズ比は、あらゆる動物の中で最も大きなものの一つと言われています。

メスにしかない腕の間のブランケット
メスにしかない腕の間のブランケット / Credit: Jacinta Shackleton, @jacintashackleton

これほどサイズに隔たりがあるので、オスとメスはまともに交尾できません。

そこでオスは交接腕(こうせつわん)と呼ばれる、精子の入った精包を受け渡すのに特化した腕を切り離して、メスに挿入するのです。

体格差があると、子孫を残すにも一苦労ですね。

シャックルトン氏は今回の体験について、”一生に一度の遭遇”だと表現しています。

「ブランケット・オクトパスに関する画像は、飼育下にある個体のものがほとんどです。

今回、日中の浅瀬で野生のブランケット・オクトパスに出会えたこと、それからカメラを持っていたことは本当に幸運でした」

【編集注 2022.03.03 11:00】
記事内容に一部誤りがあったため、修正して再送しております。
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!