オパビニアの新種として記載された「ウタウロラ・コモサ」の復元イメージ
オパビニアの新種として記載された「ウタウロラ・コモサ」の復元イメージ / Credit: Artwork by F. Anthony(phys) – A century later, researchers describe second opabiniid ever discovered(2022)
paleontology

アノマロカリスの仲間だと思った化石が”世界で2番目”の「オパビニアの新種」だった!

2022.02.11 Friday

Weird, Extinct Animal Species Identified in First Such Finding in Over 100 Years https://www.sciencealert.com/we-ve-just-found-a-second-species-of-weird-extinct-animal-with-five-eyes A century later, researchers describe second opabiniid ever discovered https://phys.org/news/2022-02-century-opabiniid.html
New opabiniid diversifies the weirdest wonders of the euarthropod stem group https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rspb.2021.2093

5つの目やハサミ状の口吻(こうふん)を持つオパビニアは、カンブリア紀のもっとも奇妙な見た目をした古生物のひとつです。

その一方で、本グループは、1912年に記載されたオパビニア・レガリス(Opabinia regalis)という一種のみに代表され、他の種は見つかっていません。

しかしこのほど、ハーバード大学(Harvard University・米)の研究で、記念すべきオパビニアの2種目が発見されました。

オパビニアの新種記載は、100年以上ぶりの快挙となります。

研究の詳細は、2022年2月9日付で科学雑誌『Proceedings of the Royal Society B』に掲載されました。

当初は「アノマロカリスの仲間」と勘違いされていた

オパビニアの新種として記載された「ウタウロラ・コモサ」の復元イメージ
オパビニアの新種として記載された「ウタウロラ・コモサ」の復元イメージ / Credit: Artwork by F. Anthony(phys) – A century later, researchers describe second opabiniid ever discovered(2022)

地球の海は、5億4100万〜4億8500万年前のカンブリア紀に初めて生物多様性を開花させました。

この出来事は「カンブリア爆発」と呼ばれ、今あるすべての主要な動物群の祖先が誕生した時期でもあります。

またカンブリア爆発は、世界初の恐るべき頂点捕食者をも生み出しました。

この肉食の殺し屋は、頭部の下にあるノコギリ状の口吻にちなんで、ラディオドンタ類と称されます。

その代表たるアノマロカリスは、頭の先についたカギ爪のような器官で獲物をとらえ、飢えた口へと運んでいました。

実は大きい?「古生物の覇者」アノマロカリスの正体とは

そして今回、新種のオパビニアとして特定された化石は、もともとアノマロカリスの仲間として勘違いされていたのです。

2008年、米国ユタ州にあるカンブリア紀の地層から見つかった「ウタウロラ・コモサ(Utaurora comosa)」は、見た目の類似性からラディオドンタ類に分類されていました。

しかし、ハーバード大の古生物学者で、本研究主任のスティーブン・ペイツ(Stephen Pates)氏は「ラディオドンタ類とはどうも違うのではないか」と考えたといいます。

ウタウロラ・コモサの化石は、体長1インチ(約2.5センチ)と小さく、体がオパビニア・レガリスと同じように14か15の体節に分かれていました。

これらの形態的特徴は、ラディオドンタ類よりもオパビニアを彷彿とさせたのです。

2008年に見つかった「ウタウロラ・コモサ」の化石
2008年に見つかった「ウタウロラ・コモサ」の化石 / Credit: Stephen Pates et al., Proceedings Of The Royal Society B(2022)

そこでペイツ氏と研究チームは、ウタウロラ・コモサの化石を再分析し、125の形質を、現存および絶滅した節足動物の50以上のグループと比較。

その結果、ウタウロラ・コモサの形質のうち、ラディオドンタ類に当てはまるものはほとんどなく、むしろオパビニアに酷似することが判明したのです。

こちらが、オパビニア・レガリスとウタウロラ・コモサを比較した図になります。かなり似ているのが分かるでしょう。

(a)オパビニア・レガリス (b,c)ウタウロラ・コモサ
(a)オパビニア・レガリス (b,c)ウタウロラ・コモサ / Credit: Stephen Pates et al., Proceedings Of The Royal Society B(2022)

これより、ウタウロラ・コモサはラディオドンタ類ではなく、オパビニア類の新種として正式に記載されました。

ペイツ氏は「オパビニア・レガリスは唯一のオパビニア類ではなく、本グループは、私たちが考えていたよりずっと多様だった可能性がある」と述べています。

ウタウロラ・コモサの生息年代は、オパビニア・レガリスの数百万年ほど後と分かっています。

また、「両者の後方を向いた口吻や分節化した胴体から、現代の節足動物の明らかな前身であるように思われる」とペイツ氏は付け加えました。

ウタウロラ・コモサの仲間入りにより、オパビニアだけでなく、甲殻類や昆虫などの進化史についても理解が深まるかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!