SARAOの電波望遠鏡「MeerKAT」が撮影した銀河中心領域の画像。
SARAOの電波望遠鏡「MeerKAT」が撮影した銀河中心領域の画像。 / Credit: I. Heywood, SARAO
space
New MeerKAT radio image reveals complex heart of the Milky Way https://www.sarao.ac.za/media-releases/new-meerkat-radio-image-reveals-complex-heart-of-the-milky-way/
https://iopscience.iop.org/article/10.3847/1538-4357/ac449a

2022.02.15 Tuesday

まるで前衛絵画のような「銀河中心部」の実際の電波望遠鏡画像

何の説明もなくこの画像を見た人は、ジャクソン・ポロックのような前衛絵画かなにかだと勘違いするかもしれません。

しかし、この画像は紛れもなく現実の銀河中心領域を電波望遠鏡で撮影した写真なのです。

南アフリカ電波天文台(SARAO)は、電波望遠鏡「MeerKAT(ミーアキャット)」を用いて、可視波長の光では見通すことが難しい、謎の多き銀河中心領域をかつてない明瞭さと深さで撮影しました。

画像中心の明るいオレンジの部分は、超大質量ブラックホール「いて座A*」で、その周囲は強力な電波源に包まれていることがわかります。

この観測に関する論文は、科学雑誌『The Astrophysical Journal』に2022年2月2日付けで公開されています。

電波で見た天の川銀河の中心

SARAOの電波望遠鏡「MeerKAT」が撮影した銀河中心領域の画像。
SARAOの電波望遠鏡「MeerKAT」が撮影した銀河中心領域の画像。 / Credit: I. Heywood, SARAO.

この前衛絵画のようなものは、電波望遠鏡で観測された地球から約2万5000光年の距離にある、天の川銀河の中心ブラックホール「いて座A*(いてざえーすたー)」とその周辺領域です。

「いて座A*」は超大質量ブラックホールに分類され、太陽の400万倍という巨大な質量を持っていて、画像の中では明るいオレンジ色の領域として中心部に映っています。

地球からの撮影なので、当然銀河平面に対して水平に撮影されているもので、赤い血の斑点のように映っているものは強い電波源で、銀河中心を横切るように広がるこの領域は1400光年に及んでいます。

銀河のイメージイラストなどを見てもわかるように、銀河の中心には多くの星や物質(塵やガス)が集まっていて、可視波長では、その様子を見通すことはできない未知の領域です。

しかし電波波長の観測では、さまざまな天文現象が発する電波放射をとらえていて、この独特の異様な姿を見ることができるのです。

画像は6平方度(夜空に見える満月のサイズの30倍)の領域を200時間掛けて観測した20の別々のデータに基づいて作られています。

100メガピクセルのこの画像の生データは70テラバイトもあり、2台のスーパーコンピュータを使ってそれを処理しました。

1.4インチの角度分解能で銀河中心領域を観測した完全なMeerKATの画像
1.4インチの角度分解能で銀河中心領域を観測した完全なMeerKATの画像 / CreditI. Heywood et al.,The Astrophysical Journal

もちろん電波に色はないので、電波の強度をどのように色分けするかによって画像の印象はだいぶ違ったものになるでしょうが、これが実際電波波長で見える現実の光景であることに違いはありません。

では電波波長の観測とはなんなのでしょう?

次ページ電波観測とは何なのか?

<

1

2

3

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!