カルノタウルス・サストレイ(アベリサウルス科)
カルノタウルス・サストレイ(アベリサウルス科) / Credit: ja.wikipedia
paleontology

腕なし恐竜!? 7000万年前の奇妙な恐竜の新種をアルゼンチンで発見!

2022.02.21 Monday

Skull of ‘armless’ meat-eating dinosaur discovered https://www.livescience.com/new-armless-carnivorous-dinosaur New armless abelisaur dinosaur species discovered in Argentina https://phys.org/news/2022-02-armless-abelisaur-dinosaur-species-argentina.html
First definitive abelisaurid theropod from the Late Cretaceous of Northwestern Argentina https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/02724634.2021.2002348

アルゼンチンの古生物学者らは、約7000万年前に同国北部に生息していた”腕なし恐竜”の化石を発見した、と発表しました。

この化石は、肉食恐竜の一群であるアベリサウルス類の新種と見られます。

これまでに同国で見つかっている30種以上のアベリサウルスの化石は、すべて南部のパタゴニア産であり、北部で見つかるのは極めてまれ。

恐竜時代におけるアルゼンチン北部の生態系を知る上で、貴重な資料となります。

研究の詳細は、2022年2月10日付で科学雑誌『Journal of Vertebrate Paleontology』に掲載されました。

アルゼンチン北部での発見はレア

新種化石は、アルゼンチン北部・アンブラヨ(Amblayo)の近くにある白亜紀の地層で、頭蓋骨のみが発見されました。

研究チームは、保存状態の良いブレインケース(脳のある部分)を分析。

その結果、他のアベリサウルス類と同様に、容量が小さく、脳も非常に小さかったことが示されました。

この個体は幼体であると考えられていますが、まだ結論は出ていません。

また、頭蓋骨の前部にある「フォラミナ(foramina)」という小さな穴の列がユニークな特徴をなしていました。

この穴は、頭頂部の薄い皮膚に血液を送り込み、熱を放出する際の冷却に役立った可能性がある、とチームは指摘します。

新種のブレインケース(脳頭蓋)の図
新種のブレインケース(脳頭蓋)の図 / Credit: Federico L. Agnolín et al., Journal of Vertebrate Paleontology(2022)

新種の学名は、アルゼンチン独立戦争の英雄として知られるマルティン・ミゲル・デ・グエメス将軍(1785〜1821)にちなんで、「グエメシア・オチョアイ(Guemesia ochoai)」と命名されました。

チームは、この恐竜について”腕なし(armless)”と表現していますが、まったく腕がなかったわけではありません

アベリサウルスには、退化した腕の名残のようなものがついていますが、非常に小さく短いため、実用性はなかったと見られます。

腕の短い恐竜には他にティラノサウルスがいますが、彼らの腕はアベリサウルスほど未発達ではありませんでした。

他の研究では、短い腕を使って獲物をつかみ、引き寄せるぐらいはできたと指摘されています。

こちらの画像は、アベリサウルス類のカルノタウルス・サストレイ(Carnotaurus sastrei)の復元イメージで、今回のG. オチョアイに最も似た種と予想されています。

カルノタウルス・サストレイ(アベリサウルス科)
カルノタウルス・サストレイ(アベリサウルス科) / Credit: ja.wikipedia

G. オチョアイの化石は、他のアベリサウルス類とは2つの点で大きく異なります。

1つは、頭蓋骨にツノがないこと。

本種はアベリサウルス類の祖先種と見られ、その時点ではまだ目の上の尖ったツノを進化させていなかったのでしょう。

もう1つは、アルゼンチン北部で見つかったことです。

アベリサウルスは南米のほかに、アフリカやインドなどに分布しましたが、アルゼンチンで見つかっている35種はほぼすべて、南部のパタゴニアで出土しています。

これは、G. オチョアイがアベリサウルスの中で特異な位置を占めていたことを示唆します。

「この新しい恐竜は、その種類としてはかなり珍しいものです」と、ロンドン自然史博物館(Natural History Museum in London)の古生物学者、アンジャリ・ゴスワミ(Anjali Goswami)氏はいいます。

「アルゼンチン北部に生息した恐竜は、南部の恐竜とはまったく違い、白亜紀において特殊な生態系を形作っていたでしょう」と続けています。

実際、同地では全長1メートルの甲羅をもつ巨大亀など、他の地域ではあまり見られない変わった化石が出土しています。

チームは今後、G. オチョアイとその近縁種の標本を調べ、恐竜時代のアルゼンチンについて解明していく予定です。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!