ティラノサウルスの腕が小さい謎を説明する「新説」が発表
ティラノサウルスの腕が小さい謎を説明する「新説」が発表 / Credit: canva
paleontology
Wild New Paper Suggests T. Rex Had Short Arms So Friends Wouldn’t Bite Them Off https://www.sciencealert.com/wild-study-suggests-that-maybe-t-rex-had-such-short-arms-so-their-friends-didn-t-eat-them Paleontologist’s New Theory for Why T. rex Had Such Ridiculously Short Arms https://scitechdaily.com/paleontologists-new-theory-for-why-t-rex-had-such-ridiculously-short-arms/
Why tyrannosaurid forelimbs were so short: An integrative hypothesis https://www.app.pan.pl/article/item/app009212021.html

2022.04.10 Sunday

ティラノサウルスの腕はなぜ短いの? 古生物学の謎に斬新な新説が登場!

大きな口、鋭い歯、どっしり構えた足、どう猛にゆれる尻尾…

ティラノサウルスの姿は、どこを取っても”恐竜の王”にふさわしいですが、ただ一点だけ、皆さんも気になっている点があるでしょう。

そう、両腕だけが異様に小さいのです。

この問題は、古生物学における最大かつ最も永続的な謎の一つとなっています。

しかしこのほど、アメリカの古生物学者により、ティラノサウルスの腕が小さい理由を説明する、新たな説が提唱されました。

それによると、ティラノサウルスが群れで餌にありつく際に、腕を噛みちぎられないようにするためだという。

彼らは極端に巨大な顎を持ちますが、そのためにあやまって仲間の腕を食べない、あるいは食べられないよう配慮した結果、腕は逆にどんどん縮小してしまった可能性があるのです。

論文の詳細は、2022年3月3日付で科学雑誌『Acta Palaeontologica Polonica』に発表されています。

祖先の腕は長かったが…

なぜ腕が小さくなったのか
なぜ腕が小さくなったのか / Credit: canva

ティラノサウルスは、体長約13メートル、体重9トン、頭蓋骨の長さは1.5メートルもあるのに、腕の長さは1メートルもありません。

これはたとえば、180センチの人が約12センチの腕を持つようなものです。

ティラノサウルスは、恐竜時代の末期に登場し、約6600万年前の隕石衝突で絶滅しましたが、彼らの祖先は獲物を掴む上で最適な長い腕をもっていたことがわかっています。

つまり、進化の過程で、どんどん腕を短くしていったわけです。

それは一体、なぜなのでしょう?

米カリフォルニア大学古生物学博物館(UCMP)の学芸員であるケビン・パディアナ(Kevin Padiana)氏は、その謎に迫ることにしました。

なんのための腕?

19世紀末に、ティラノサウルスの化石が初めて見つかったとき、体に対して小さすぎる腕は、同じ個体のものではないとまで考えられました。

しかし、それがティラノサウルスの腕と判明すると、古生物学者たちはそのしょぼい腕を何に使っていたのか、さまざまな説を唱えました。

最初期のものは「交尾の際にメスを固定する留め具として機能した」という説です。

パディアナ氏は、これについて、ティラノサウルスの腕は短すぎて、メスの胴体をしっかり掴むには不向きであり、また相手をコントロールするには弱すぎる、と反対します。

短い腕にはどんな機能があったのか
短い腕にはどんな機能があったのか / Credit: canva

その後も1世紀にわたり、さまざまな説が登場しました。

いくつか抜粋しますと、

・仲間を引き付けるための社会的シグナル

・地面から立ち上がるときの支え

・獲物を押さえつける

・ツノのようにして敵を刺す

・夜間に寝ているトリケラトプスを引き倒す

などが挙げられます。

また、専門家の中には「腕にはまったく機能がないので、気にする必要はない」とする意見もあります。

このように、研究者たちはティラノサウルスの腕はあまりにしょぼいため、腕を使う用事がなかったから退化したと考えていたようです。

むしろ小さい理由より、その短い腕の限定的な利用方法の方が着目されていました。

とはいえ、使わないから退化したにしても、彼らの体格から見て腕のサイズ変化は極端過ぎる印象があります。

そのため、最近の説では、小さい方が獲物を素早く引き裂くために有利だったから、というような説も唱えられています。

これらを踏まえ、パディアナ氏は、近年明らかになってきたティラノサウルスの新事実をもとに、新たな説を唱えました。

次ページ群れで食事中に「腕を噛みちぎられない」ため

<

1

2

>

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!