3800年前のチリで史上最大級の地震が起きていた
3800年前のチリで史上最大級の地震が起きていた / Credit: canva
history archeology

3800年前起きた「超巨大チリ地震」は、人類を千年間も沿岸地域から遠ざけていた!

2022.04.15 Friday

An Atacama Super-Quake We Never Knew About Sent Humans Into Hiding For 1,000 Years https://www.sciencealert.com/ferocious-super-quake-we-never-knew-about-sent-humans-into-hiding-for-1-000-years Scientists discover ancient earthquake, as powerful as the biggest ever recorded https://www.southampton.ac.uk/news/2022/04/ancient-super-earthquake.page
Did a 3800-year-old Mw ~9.5 earthquake trigger major social disruption in the Atacama Desert? https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.abm2996

約3800年前に史上最大級の地震がチリ沖で発生していたことが、新たな研究で明らかになりました。

マグニチュードは9.5に達し、巨大な津波をともなってチリ北部を襲い、沿岸部のコミュニティを壊滅させたという。

また遺跡の調査から、人々が沿岸部に居を戻すまでに1000年かかったことが示されています。

さらに、地震によって発生した津波は、遠くニュージーランドまで到達し、車サイズの巨岩を内陸深くに運び込んだようです。

研究の詳細は、2022年4月6日付で科学雑誌『Science Advances』に掲載されました。

3800年前に起きた「史上最大級の地震」の痕跡を特定

チリ北部沿岸で見つかった津波により隆起した堆積物
チリ北部沿岸で見つかった津波により隆起した堆積物 / Credit: University of Southampton – Scientists discover ancient earthquake, as powerful as the biggest ever recorded(2022)

チリ大学(University of Chile)の人類学者ディエゴ・サラザール(Diego Salazar)氏率いる研究チームは、チリ北部のアタカマ砂漠地域で数年にわたる調査を行ってきました。

ここは、ナスカプレート南アメリカプレートの接するポイントに近く、前者が後者の下に沈み込んでいるため、巨大な地震が発生しやすい場所です。

この領域の地震は、2つのプレートがこすれ合い摩擦面が破壊されることで発生し、その破壊の時間が長くなるほど、揺れの規模も大きくなります。

それが原因で起きた観測史上最大級の地震は、1960年5月、チリ南部で発生した「バルディビア地震」です。

これは、チリ中部〜南部にかけての近海、長さ約1000キロ・幅200キロを震源域とした超巨大地震であり、マグニチュード9.2(M9.5との報告もあるが現在は過大評価とされる)を記録しました。

チリ沖は「ナスカプレート」と「南アメリカプレート」が接している
チリ沖は「ナスカプレート」と「南アメリカプレート」が接している / Credit: ja.wikipedia

このチリ地震で発生した津波は、日本の東北地方にまで押し寄せ、太平洋沿岸地域に大きな被害を及ぼしました。

ところが、これと同程度かそれ以上の規模を持つ地震が、かつてのチリ北部で起きていたのです。

この発見は、アタカマ砂漠沿岸の隆起した堆積物、津波によって高台に打ち上げられた海洋岩石、大量の貝殻、海洋生物のサンプルなどから証明されました。

サラザール氏は「チリ北部では、これほど大規模な地震は起きないと思われていた」と指摘。

「なぜなら、北部エリアでは(プレートの擦れによる)十分な長さの破壊が起きないと考えられていたからです。

しかし私たちは、アタカマ砂漠の海岸近くで、長さ約1000キロに及ぶ破壊の証拠を見つけたのです

調査されたアタカマ砂漠の沿岸地帯
調査されたアタカマ砂漠の沿岸地帯 / Credit: University of Southampton – Scientists discover ancient earthquake, as powerful as the biggest ever recorded(2022)

共同著者で、ニューサウスウェールズ大学(UNSW・豪)の地質学者ジェームス・ゴフ(James Goff)氏は、こう言います。

「私たちは、巨大なプレートの破壊によってチリ北部の海岸線が隆起した痕跡を発見し、内陸に投げ込まれる前に海で静かに暮らしていたであろう多くの生物の遺骸を見つけました。

これらはすべて、海岸部の非常に高い位置で、しかも内陸深くまで運ばれていました。

ですから、嵐ではなく、巨大な津波によって高台に投げ出された可能性が高いのです」

研究チームは、チリ北部の海岸線、約600キロにわたって沿岸堆積物を収集し、放射性炭素の年代測定を実施。

その結果、これらは約3800年前のものであることが特定されました。

チャタム諸島で見つかった海洋岩石
チャタム諸島で見つかった海洋岩石 / Credit: University of Southampton – Scientists discover ancient earthquake, as powerful as the biggest ever recorded(2022)

また、ゴフ氏は以前、ニュージーランドチャタム諸島にある遺跡を調査していた折、沿岸から数百メートル離れた内陸で、車サイズの海洋岩石を大量に発見していました。

これらの年代測定をしたところ、チリ北部の地震と同じ約3800年前のものであることが判明したのです。

ゴフ氏は「ニュージーランドで見つかった巨岩は、チリ北部で発生した津波によって内陸に運ばれたと見られ、それほどの津波を生み出すには、マグニチュード9.5の地震が必要なのです」と説明します。

遠くニュージーランドにまで達したことを考えると、チリ北部沿岸への被害は甚大なものだったでしょう。

当時の人々は、この巨大地震と津波にどのような反応を示したのでしょうか?

次ページ1000年間、沿岸部に寄り付かなくなっていた

<

1

2

>

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!