老眼の影響を抑制する点眼薬
老眼の影響を抑制する点眼薬 / Credit:Depositphotos
medical

目薬で老眼が改善する! 点眼薬「Vuity」とは? (2/2)

2022.05.09 Monday

前ページ老眼の原因は水晶体の老化にある

<

1

2

>

瞳孔を絞ってピントを合わせやすくする老眼用目薬

瞳孔の大きさで入る光量が変わる。瞳孔を小さくするとピントが合わせやすくなる
瞳孔の大きさで入る光量が変わる。瞳孔を小さくするとピントが合わせやすくなる / Credit:Depositphotos

人間は物を見るとき、水晶体の変形と同時に、瞳孔の大きさを変えて目に入る光量を調整しています。

そして瞳孔が小さくなると、ピンホール効果(焦点深度が深くなる)によってピントが合わせやすくなります。

小さい穴から景色を見たり、目を細めたりしたときに鮮明に見えるのは、この効果が影響しているからです。

ちなみに、暗い場所では光をたくさん集めるために瞳孔が大きくなりますが、ピントは合わせづらくなります。

「暗い場所で本を読んではダメ」と言われるのは、ピントが合わせづらい状況で目に負担がかかるためなのですね。

(a)瞳孔が小さくなるとピントが合う範囲が広がる, (b)瞳孔が通常または大きな状態なので、ピントが合う範囲が限られる
(a)瞳孔が小さくなるとピントが合う範囲が広がる, (b)瞳孔が通常または大きな状態なので、ピントが合う範囲が限られる / Credit:MikeRun(Wikipedia Commons)_Depth-of-field.svg

つまり瞳孔を小さくすると、上図(a)のように、一時的にピントが合う範囲を広げられます。

逆に瞳孔が大きい状態(もしくは通常状態)だと、上図(b)のようにピントが合う範囲が限られたままです。

老眼の人は、そもそも水晶体の老化によって通常のピント範囲が狭いので、瞳孔を小さくすることで、(b)から(a)のような視力が得られるはずです。

そして新しい老眼用目薬「Vuity」は、瞳孔を小さくする薬です。

有効成分は「ピロカルピン」ですが、これは昔から利用されており、緑内障の点眼薬としても活躍してきました。

Vuityはピロカルピンを老眼用に調整したものなのです。

効果は6時間以上続くため、朝に1回点眼するだけで、その日は老眼の影響が緩和された状態が続くでしょう。

利用した人の中には「老眼鏡の生活には戻れない」と述べる人もいるほど。

とはいえ、副作用があることも忘れてはいけません。

目に入る光量が減少するため、全体的に暗く感じますし、夜間は特に周囲が見えづらいでしょう。

また実験では、5%以上の参加者に頭痛と目の充血が生じました。

Vuityは現在、処方箋のもとアメリカで購入でき、1本の価格は約80ドル(1万500円)となっています。

毎日使っても1カ月近くはもつようです。

Vuityが承認されてからまだ数カ月しか経過していませんが、既にさまざまな科学者が、この分野でさらなる研究を進めています。

将来、老眼に悩む人の生活は大きく変わるかもしれませんね。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!