人体が耐えられる「高温多湿の限界」は予想より低かった?
人体が耐えられる「高温多湿の限界」は予想より低かった? / Credit: canva
health
Humans can’t endure temperatures and humidities as high as previously thought https://www.psu.edu/news/research/story/humans-cant-endure-temperatures-and-humidities-high-previously-thought/
Validity and reliability of a protocol to establish human critical environmental limits (PSU HEAT Project) https://journals.physiology.org/doi/abs/10.1152/japplphysiol.00736.2021

2022.06.30 Thursday

人体が耐えられる「高温多湿の限界」はこれまでの想定より低いと判明

まだ夏本番前だというのに、日本はかつてない猛暑に見舞われています。

しかし、これは日本だけの問題ではありません。

温暖化により世界的に気温が上昇する中で、人体が耐えうる気温と湿度の上限について関心が高まり始めています。

そしてこのほど、米ペンシルベニア州立大学(PSU)の研究により、”湿度の高い環境”では、人が耐えられる気温の上限は、これまで想定されていたよりも低いことが明らかになりました。

この”湿度の高い環境”というのが今回のキーワードで、それは、発汗により体温調節をする人体のシステムと深く関係しています。

一体どういうことでしょうか?

研究の詳細は、2022年6月28日付で科学雑誌『Applied Physiology』に掲載されています。

発汗で体温調節できなくなる「湿球温度の限界」を調査

研究チームは今回、人が耐えられる”湿度を合わせた上での気温の上限”を理解するため、「湿球(しつきゅう)温度」に注目しました。

湿球温度とは、温度計の先端(感部)を水で湿らせたガーゼで包んだ状態で測定する温度のことです。

これに対して、ガーゼを用いない、いわゆる普通の状態で計ったものを「乾球温度」といいます。

両者は何が違うのでしょう?

まず熱というのは、水が蒸発するにつれて奪われていきます。

蒸発量が多いほど熱が奪われて、温度も下がっていきますが、反対に、まったく蒸発しなければ、温度はほぼ変わりません。

すると、先端を湿ったガーゼで包んだ湿球温度計では、水の蒸発によって熱が奪われていくので、必然、乾球温度よりも表示される温度が低くなります。

「湿球温度」は原則として「乾球温度」より低くなる
「湿球温度」は原則として「乾球温度」より低くなる / Credit: canva

一方で、空気が含むことのできる水蒸気の量には、限度があります。

空気中の水分にまだ余裕があれば、その分だけ水も多く蒸発できますが、空気の水分が限界に達していれば、水は蒸発できません。

たとえば、定員30人のラーメン店に、お客が5人しかいないなら、あと25人も入れますが、すでに25人いれば、残りは5人しか入れませんね。

これを乾球温度と湿球温度に置き換えると、「両者の温度差が大きい=水の蒸発量が多い=湿度が低い」となります。

反対に、「温度差が小さい=蒸発量が少ない=湿度が高い」となり、「温度差がない=まったく蒸発していない=湿度は100%」となります。

要するに、湿球温度とは、周囲の湿度を踏まえた上での温度を示すものです。

人体が耐えられる「湿球温度」の限界とは?
人体が耐えられる「湿球温度」の限界とは? / Credit: canva

では、これをさらに人の体温に置き換えてみましょう。

夏場になると、私たちの体は汗をかくことで、水を蒸発させ(=熱を飛ばし)、体温を調節しています。

しかし、周囲の湿度が高ければ、汗による蒸発量も少なくなるので、体温を容易に下げることができません。

そして、本研究で「湿球温度の上限を調べる」とは、「湿度100%の状態で人が耐えうる温度を調べる」ことを意味します。

これまでの研究によると、湿球温度35℃が人体の耐えられる最高温度とされていました。

これは湿度100%のとき35℃まで、湿度50%のときは46℃まで人体は耐えられるということを意味します。

湿球温度35℃に長時間さらされると、熱中症や死亡にいたるリスクが高まります。

その一方で、この温度は、理論やモデリングに基づいた机上のデータであり、人体を用いた実際のデータではありませんでした。

そこでチームは、被験者を対象とした「湿球温度の上限」を調べる実験を行うことにしました。

次ページ人体の耐えうる「湿球温度」は定説より低かった!

<

1

2

>

健康のニュースhealth news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!