手出しできない王子の代わりに体罰を受ける「鞭打ち少年」という奇習があった
手出しできない王子の代わりに体罰を受ける「鞭打ち少年」という奇習があった / Credit: commons.wikimedia
history archeology
Whipping Boys Were Kids Spanked in Place of an ‘Untouchable’ Young Prince https://www.ancient-origins.net/weird-facts/whipping-boy-0016963 Fact or Fiction? The Unjust Reality of a Whipping Boy https://www.ancient-origins.net/history-ancient-traditions/whipping-boy-0014704

2022.07.10 Sunday

中世ヨーロッパでは王子の代わりに体罰を受ける「鞭打ち少年」が存在した!

王子「おい、俺様の代わりに罰を受けろ」

世界史のどの時代を見ても、人々による王族への崇拝には、並々ならぬものを感じます。

たいていの王族は、”神の生まれ変わり”とされたり、”平民が触れてはいけない存在”として特別視されてきました。

その中で生まれた奇妙な風習の一つが「鞭打ち少年(whipping boy)」です。

これは、中・近世ヨーロッパの王宮に広く見られた習慣で、当時の歪んだ倫理観を知る上でも貴重な資料となります。

現代でこれをすると一発退場ですが、一体、どんな習わしだったのでしょうか?

ナゾロジーチャンネル動画公開中

動画は三次元! 次元の理解の仕方を解説

手出しできない王子の代わりに、体罰を受ける代理人

中・近世ヨーロッパにおいて、王族は「触れることのできない神聖な存在」と見なされ、神によって守られていると考えられてきました。

そのため、王やその跡継ぎである王子に手を出すことは重罪であり、ときには死刑になることすらあったのです。

側近が王に手を出すというのはほぼありえませんが、幼い王子には、教育的指導をしなければならない場面が必ずあります。

悪さをしても叱らず、甘やかすばかりでは、将来、一国を背負って立つ立派な王にはなれません。

ではそんなとき、手出しできない王子に対して、どのように叱責したのでしょうか?

家庭教師による王子への体罰は許されなかった
家庭教師による王子への体罰は許されなかった / Credit: commons.wikimedia

歴史上、跡継ぎの王子には専属の家庭教師がつき、王に必要な学問を広く教えていました。

王子といえど子供ですから、悪さもしますし、間違いや違反もたびたび犯したことでしょう。

しかし、家庭教師の方が位が低いため、叱りたくても、王子には手出しできなかったのです。

そこで用意されたのが「鞭打ち少年(whipping boy)」でした。

鞭打ち少年とは、いわば”体罰の代理人”であり、王子の側で一緒に高度な教育を受けながら、王子が過ちを犯したときには、代わりに鞭打ちなどの体罰を受ける存在でした。

若きエドワード6世と鞭打ち少年を描いた画(作・1882年)
若きエドワード6世と鞭打ち少年を描いた画(作・1882年) / Credi: en.wikipedia

現代の感覚からすれば、あまりに無茶な話ですが、そこには手出しできない王子を反省させるためのれっきとした狙いがあったようです。

王子からすれば、鞭打ち少年は一緒に長い時間を過ごす、数少ない友人の一人でした。

そんな友人が、自分のミスのせいで鞭打ちを受けるのですから、心を痛めないはずがありません。

この風習の発案者は、友情の心理作用を利用して、王子に反省を促そうとしたのです。

では、その効果はいかほどだったのか、歴史的記録を見てみましょう。

次ページ鞭打ち少年に選ばれるのは「出世の第一歩」だった?

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!