人間には「o」と呼ばれる新たな「物体認識の才能」があると判明!
人間には「o」と呼ばれる新たな「物体認識の才能」があると判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
psychology

2022.07.05 Tuesday

IQとは独立した人間の新たな才能、物体認識能力「o」が発見される! (2/3)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

物理的には存在しない色!?「非スペクトル色」とは?

前ページ「o」と呼ばれる新たな「物体認識の才能」があると判明!

<

1

2

3

>

頭の良さと物体認識能力は関係ない

頭の良さと物体認識能力は関係ない
頭の良さと物体認識能力は関係ない / Credit:Canva

知能の高さは物体認識能力の高さと相関関係にあるのか?

謎を解明するために行われたある研究では、IQや学力は、新規の物体を認識する能力には関連しないことが判明しました。

また物体認知能力の基礎「o」と知能の基礎「g」を比較した研究では、両者が無関係であることが示されました。

この結果は、知能や学力が優れていたとしても、基礎となる物体認識能力「o」が優れているとは限らないことを示します。

そのため研究者たちは、知能や学力が高い学生を医学部に入れて医者としての訓練を行ったとしても、X線画像から腫瘍をみつけるために必要な物体認識能力までもが保障されているわけではないと述べています。

極端な例を考えれば、医者として最高の知識と技術を持っていても基礎となる物体認識能力「o」が悲惨な数値の場合、腫瘍を見逃し続けるヤブ医者になる可能性があるのです。

個人の能力が先天的に決定されるという事実は、一部の人々にとって不快に感じられるかもしれません。

しかし研究者たちは、生来の才能によって開かれる扉の数が違うという事実は、受け入れる必要があると述べています。

うまれもっての才能を軽く扱い、育った環境や個人の努力を過度に重視することは、人間を不幸にするからです。

逆に、自分が持っている才能を見極め、自分が最も得意とする分野で努力することができれば、よりよい生活を送れるでしょう。

なお男女で物体認識能力を比較したところ、いくつかのジャンルでは経験の差によって違いがみられましたが、基礎となる「o」には差はないことが判明しています。

次のページでは物体認識能力「o」を判定する簡易なテストを受ける方法を紹介します。

自分のIQスコアを測定したことはある人は多くても「o」を測った人はまだいないはずです。

物体認識能力「o」の簡易なテストは現在ネット上で公開されており、誰でも無料で行うことができます。

次ページ物体認識能力の簡易テスト(無料)を受ける方法

<

1

2

3

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!