レーザーで自然発生した稲妻の進路を変えることに成功
レーザーで自然発生した稲妻の進路を変えることに成功 / Credit:Jean-Pierre Wolf(University of Geneva)et al., arXiv.org(2022)
technology
Laser-guided lightning https://arxiv.org/abs/2207.03769

2022.07.25 Monday

空にレーザーを発射して自然発生した稲妻の進路を変えることに成功

落雷の対策といえば避雷針が一般的ですが、これには有効範囲や効果性の点で限界がありました。

そこで科学者たちは、より効果的な「レーザーによる稲妻の誘導」を研究してきました。

そして最近、スイス・ジュネーヴ大学(University of Geneva)応用物理学部に所属するジャン・ピエール・ウルフ氏ら研究チームは、空にパルスレーザーを発射することで、自然発生した稲妻の進路を変えることに成功しました。

レーザーによって稲妻を避雷針まで誘導できたのです。

研究の詳細は、2022年7月8日にプレプリントサーバ「arXiv」で公開されています。

レーザーで落雷を制御する方法

落雷による機械設備の破壊、大規模な火災を防ぐためには、雷が安全な場所に落ちるよう誘導しなければいけません。

避雷針がその役割をいくらか担いますが、有効範囲や効果性には限界があります。

近くに避雷針があったとしても、必ずしも避雷針の方に雷が落ちるとは限らないのです。

落雷の被害を最小限に抑えるには?
落雷の被害を最小限に抑えるには? / Credit:Canva

そこで科学者たちは、より効果的な「レーザー誘雷」を研究してきました。

これは高強度のレーザーによってプラズマを作り、そのプラズマを「稲妻の道」にする方法です。

大気中の分子にレーザーでエネルギーを加えることで、それらの分子を破壊。

分子が原子になり、さらに原子核のまわりの電子が離れることで、イオン化するのです。

このイオン化した状態が、「固体・液体・気体」に続く、第4の物質の状態「プラズマ」であり、「電流が極めて流れやすい」という性質をもっています。

そのため、このプラズマの性質を利用するなら、大気中に「稲妻の道」をつくり、発生した稲妻を誘導できるというわけです。

「雷を自在に操る」新技術が登場! レーザーで危険な落雷を、線を描くように誘導できる

これまでの実験では人工稲妻によるレーザー誘雷は成功していましたが、自然に発生した稲妻を誘導できた例はありませんでした。

しかし今回、ウルフ氏ら研究チームは、パルスレーザー(短い間隔で点滅を繰り返すレーザー)を利用して、自然の稲妻を誘導することに成功しました。

次ページ自然発生した稲妻のレーザー誘雷に成功!今後の進展に期待!

<

1

2

>

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!