切り取られた「脳を再生」するウーパールーパーの秘密を解明!
切り取られた「脳を再生」するウーパールーパーの秘密を解明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
brain

2022.09.06 Tuesday

切り取られた「脳を再生」するウーパールーパーの秘密を解明! (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

前ページウーパールーパーの脳再生は3ステップで進行する

<

1

2

>

脳再生では「ありふれた遺伝子」たちが活躍していた

(左)単一核マルチオームシーケンスにより、ウーパールーパーの終脳(大脳)における細胞タイプと特異的遺伝子の包括的データを概観を得ることができました。 (真ん中)単一細胞データの種間比較により、ウーパールーパーの脳細胞が爬虫類や哺乳類に似た細胞を持つことが判明。 (右)脳損傷後のsnRNA-seqによる時間経過から、再生と恒常的な神経新生の違いと類似性を明らかにしました。
(左)単一核マルチオームシーケンスにより、ウーパールーパーの終脳(大脳)における細胞タイプと特異的遺伝子の包括的データを概観を得ることができました。 (真ん中)単一細胞データの種間比較により、ウーパールーパーの脳細胞が爬虫類や哺乳類に似た細胞を持つことが判明。 (右)脳損傷後のsnRNA-seqによる時間経過から、再生と恒常的な神経新生の違いと類似性を明らかにしました。 / Credit:KATHARINA LUST et al . Single-cell analyses of axolotl telencephalon organization, neurogenesis, and regeneration (2022) . Science

再生はどんな遺伝子によって引き起こされていたのか?

謎を解明するため研究者たちは再生中のウーパールーパーの脳から細胞を取り出して、遺伝子活性を調査しました。

結果、最初に活性化する遺伝子は「RunX1」「Kazald1」はカエルの手足の元となる間葉系肢芽体で働いているものと同じものだと判明。

また「RunX1」は再生中のプラナリアの新生細胞にでも働いていることが知られています。

これらの遺伝子は細胞の種類や種に関係なく、一般的な治癒反応に関与していると考えられます。

また初期の反応とは別に、神経が再生する時期にも、通常の神経新生のときに現れるのと非常に似た遺伝子たちが働くことが判明しました。

(※哺乳類の脳でも限定的ながら神経の新生が起こっていることが知られています)

つまり脳再生という奇妙な現象でも、一般的な傷治療や神経新生に使われる、ある意味で、ありふれた遺伝子たちが活躍していたのです。

これらの結果から研究者たちは、ウーパールーパーの脳再生を研究することは、人間の脳再生という再生医療における究極の目的の手助けになると結論しています。

人間の脳については、認知症や神経変性などによって機能が制限させる症状が報告されています。

もしかしたら未来の再生医療では、損傷した手足や内臓と共に、損傷した脳さえも交換することが可能になるのかもしれません。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!