自動運転車に「目」をつけるだけで、歩行者との事故が防げると示唆
自動運転車に「目」をつけるだけで、歩行者との事故が防げると示唆 / Credit: AdonisChang – Gazing Car(youtube, 2022)
traffic
安全な車社会に自動運転車の「目」が貢献 ~「目」を持つ自動運転車で交通事故リスクの低減を目指す~ https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220920/index.html Can eyes on self-driving cars reduce accidents? https://techxplore.com/news/2022-09-eyes-self-driving-cars-accidents.html
Can Eyes on a Car Reduce Traffic Accidents? https://dl.acm.org/doi/10.1145/3543174.3546841

2022.09.22 Thursday

自動運転車に「目」をつけたカーズのような車で、歩行者との事故が減る?

近年、車の自動運転技術が大きく進歩し、社会への実用化も夢ではなくなっています。

その一方で、課題となっているのが、歩行者との意思疎通の難しさです。

通常の車両であれば、運転手とのアイコンタクト等で、ある程度のコミュニケーションが取れますが、自動運転車ではそれができず、歩行者との接触事故に繋がる危険性があります。

しかしこのほど、東京大学大学院 情報理工学系研究科の最新研究により、自動運転車に「目」を付けることで、歩行者の安全性を向上できる可能性が示されました。

歩行者は、車の「目」がこっちを見ているか見ていないかで、自動運転車がそのまま直進するか停止するかを判断でき、安全な道路横断をしやすくなるようです。

研究の詳細は、2022年9月17日付で『ACM Digital Library』に掲載されています。

目線によって、こちらに気づいているか否か判断できる

研究者や自動車メーカーはこれまでにも、自動運転車に視線を提示できる「目」を付けることで、歩行者とのコミュニケーションが可能になるのではないかと考えていました。

しかし、それらは仮説の段階にとどまっており、実際の現場で、歩行者にどんな反応を促し、どれほどの効果が発揮できるのかはわかっていませんでした。

そこで研究チームは「車両の視線により、歩行者との接触事故を低減できるか?」について、実験を開始。

今回の実験では、歩行者が急いで自動運転車の前を横断しようとしている状況を設定しました。

このとき、車両の目線が歩行者に向いていなければ、車両が歩行者の存在に気づいていない(=停止しない)ことを意味すると仮定します。

すると、歩行者は「道路を渡るべきでない」と判断し、接触事故を回避できます。

反対に、車両の目線が歩行者に向いていれば、歩行者の存在に気づいている(=停止する)ことを意味し、「安全に道路を横断できる」という判断に繋がります。

実験車両に「目」を装着、モーター駆動で視線が左右に動く
実験車両に「目」を装着、モーター駆動で視線が左右に動く / Credit: Chia-Ming Chang et al., ACM Digital Library(2022)

この仮説を踏まえて、研究チームは、モーターで動く「目」を装着した実験車両を作製。

次に、道路を横断しようとしている歩行者の前を「目を持つ車両」と「目を持たない車両」が、それぞれ「停止」または「通過」しようとする映像を撮影しました(下の画像を参照)。

(※ ちなみに、今回の実験では、自動運転は行わず、車両はすべて手動で運転していますが、運転手の姿は見えないようにしてあります)

そして、その映像をVR環境下で、18〜49歳の男女、計18名の実験参加者に提示。

参加者には、それぞれの映像を見て、道路を横断するべきか、止まるべきかの判断をしてもらいました。

a:目線が歩行者を向いている(停止)、b:目線が歩行者を見ていない(通過)、c:目のない車が停止する場合、d:目のない車が通過する場合
a:目線が歩行者を向いている(停止)、b:目線が歩行者を見ていない(通過)、c:目のない車が停止する場合、d:目のない車が通過する場合 / Credit: Chia-Ming Chang et al., ACM Digital Library(2022)

その結果、車両の視線提示は、目の付いていない車両に比べて、歩行者の主観的な安全感や危機感を高め、適切な道路横断の判断を促すことがわかりました。

歩行者の反応は、事前の仮説通りで、車両の視線により、「通過(目がこっちを見ていない)」あるいは「停止(目がこっちを見ている)」の意図が歩行者に伝わることで、危険な道路横断を低減させていました。

また、男女間で行動に差があることも示されています。

具体的には、車両の視線があった場合、目なしの車両に比べて、

・男性では、危険な道路横断(車両が通過しようとしている状況での横断)が49%から19%に減っており、

・女性では、安全な状況(車両が停止しようとしている状態)での無駄な横断停止が72%から34%に減っていました。

つまり、視線の提示は、歩行者の安全を確保するだけでなく、スムーズな交通も促すものと考えられます。

目線がソッポを向いていると「こちらに気づいていない」と歩行者は考える
目線がソッポを向いていると「こちらに気づいていない」と歩行者は考える / Credit: AdonisChang – Gazing Car(youtube, 2022)

自動運転の実用化は、交通インフラに変革をもたらすと考えられますが、その実現のためには「安全が十分に確保されていること」「事故を未然に防ぐシステムが整っていること」が必須です。

本研究の成果は、自動運転車と歩行者とのコミュニケーションを円滑にし、事故を防ぐための大きな一歩となるでしょう。

近い将来、公道にはカーズのような車が走り回っているかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

交通のニュースtraffic news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!