イオン風で飛ぶドローン「サイレントヴェントス」のイメージ
イオン風で飛ぶドローン「サイレントヴェントス」のイメージ / Credit:Undefined Technologies
technology
Undefined claims 4.5-min flight for its “silent” ion-propulsion drone https://newatlas.com/drones/undefined-ion-propulsion-drone/ ION PROPULSION DRONE PROVES ITS COMMERCIAL VIABILITY https://www.undefinedtechnologies.com/post/silent-ion-propulsion-drone-proves-its-commercial-viability

2022.09.23 Friday

プロペラがない! 騒音問題を解決する「イオン風で飛ぶドローン」

いくつかの企業は、ドローンを使って荷物を届ける「ドローン配送」に着目しており、その実現を目指して試行錯誤しています。

解決すべき問題はいくつもありますが、その1つにはドローンの騒音問題が挙げられます。

アメリカ・フロリダ州のドローン開発企業「Undefined Technologies」は、イオン風で空を飛ぶ新しいタイプのドローンを開発中であり、騒音問題にも対処できると主張しています。

2022年9月15日付のプレスリリースでは、「プロペラのないドローン」を4分半飛行させることに成功したと報告しています。

ドローン配送における騒音問題

ドローン配送の課題は?
ドローン配送の課題は? / Credit:Canva

現在、集配所から個人宅までの荷物配送はトラックによって行われています。

そしてドローン技術の向上により、その仕事をドローンに任せる「ドローン配送」に注目が集まっています。

ところが従来のドローンには騒音問題が付きまといます。

高速回転するプロペラからは、どうしても大きな音が発生してしまうのです。

撮影や調査・警備などの用途では特に問題になりませんが、住宅街を巡るドローン配送では大きな枷となります。

ドローン配送が騒音問題を引き起こすかも
ドローン配送が騒音問題を引き起こすかも / Credit:Canva

Undefined Technologies社の情報によると、「一般的な業務用配送ドローンは85~96デシベル(dB)のノイズを発生させる」ようです。

ところが、住宅・産業・商業エリアで許容される騒音レベルは50~70dBであり、現在のドローンではオーバーしてしまいます。

ちなみに、地下鉄車内は80dBだと言われます。

地下鉄車内以上の騒音をまき散らしながら住宅街を飛ぶドローンなど現実的ではないでしょう。

Undefined Technologies社は、開発中の新しいタイプのドローンが、こうした騒音問題にも対処できると主張しています。

次ページイオン風で飛ぶプロペラのないドローン

<

1

2

3

>

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!