人間そっくりなロボットハンド
人間そっくりなロボットハンド / Credit:Clone
robot
Clone gets deep into the uncanny valley with its lifelike robotic hand https://newatlas.com/robotics/clone-robotics-realistic-hand/

2022.10.11 Tuesday

クローン社が開発する「人間そっくりのロボットハンド」

私たちが空想するアンドロイド(人間そっくりなロボット)と、現実のアンドロイドには大きな隔たりがあります。

実際に開発されてきたロボットは、「人型」ではあっても本物の人間には似ていないのです。

ところが、アメリカ・ニューヨークを拠点とするロボット開発企業「クローン」は、その名が示すとおり、単なる人型ロボットではなく、人間そっくりなアンドロイドを本気で生み出そうとしています。

現在は人工筋肉で動くロボットハンドを開発中であり、動画では、人間らしく動く様子が公開されています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

宇宙を膨張させる未知のエネルギー「ダークエネルギー」をわかりやすく解説

人工筋肉で動く本物そっくりなロボットハンド「クローンハンド」

開発中のロボットハンド「クローンハンド」
開発中のロボットハンド「クローンハンド」 / Credit:Clone

クローン社が開発したロボットハンド「クローンハンド」は、まるで本物の人間の手のように動作します。

中身には人工筋肉が詰まっており、薄いスキンをまとった姿は、人間の手とほとんど変わらないシルエットになっています。

動画では、さまざまな重さや形状の物体をつかむ様子が映し出されています。

人間のように物をつかめる
人間のように物をつかめる / Credit:Clone(YouTube)_Anthropomorphic Clone Hand grasping different objects(2022)

この人間らしい動きの秘密の1つは、ロボットハンドの自由度(手や足を動かせる方向)にあります。

クローン社によると、「クローンハンドには、人間の手にある27の自由度すべてが含まれている」とのこと。

2022年9月に公開されたテスラ社の人型ロボット「オプティマス」試作機は、両手の自由度が11でした。

ここからも、クローン社の「模倣に対する本気度」がうかがえます。

お披露目されたテスラのロボットは良くも悪くも期待通りだった

そして人間に近いスタイリッシュな形状を可能にしているのが、人工筋肉です。

現在のプロトタイプでは、36個の小型電気油圧バルブ(各26.5g)によって人工筋肉を制御しており、これが「細くても強い力」や「なめらかな動き」を可能にしています。

(左)人間の腕を模倣した骨格、(右)電気油圧式バルブ1つは26.5g
(左)人間の腕を模倣した骨格、(右)電気油圧式バルブ1つは26.5g / Credit:Clone

また、クローンハンドの応答時間は0.05~0.1秒であり、7kgの負荷にも耐えられるのだとか。

さらにクローン社の主張によると、「独自開発した人工筋肉は、安価に製造できるだけでなく、人間の筋肉と同じくらい強くて同じ反応をする」とのこと。

クローンハンド最新バージョン。なめらかに動き、ダンベルをもてる
クローンハンド最新バージョン。なめらかに動き、ダンベルをもてる / Credit:Clone(YouTube)_Strongest Biomimetic Hand in the World – Clone (V16)(2022)

見た目だけでなく、その機能も人間に近づいているのです。

では、人間そっくりのロボットハンドを開発することには、どんなメリットがあるのでしょうか?

次ページ人間そっくりな「アンドロイド」を目指す理由

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

ロボットのニュースrobot news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!