1枚目の画像
Credit: canva
animals plants
Bar-tailed godwit sets world record with 13,560km continuous flight from Alaska to southern Australia https://www.theguardian.com/environment/2022/oct/27/bar-tailed-godwit-sets-world-record-with-13560km-continuous-flight-from-alaska-to-southern-australia Bird Makes Record-Breaking Flight From Alaska To Tasmania Without Landing https://www.iflscience.com/bird-makes-record-breaking-flight-from-alaska-to-tasmania-without-landing-65975 Good godwit! Bird flies 8,425 miles NON-STOP from Alaska to Australia – setting a new world record https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-11359921/Good-godwit-Bird-flies-8-425-miles-NON-STOP-Alaska-Australia-setting-new-world-record.html?ns_mchannel=rss&ito=1490&ns_campaign=1490

2022.11.07 Monday

アラスカからタスマニアまで休憩なし!? 渡り鳥のノンストップ飛行記録更新!

渡り鳥によるノンストップ飛行の最長記録が更新されました。

独マックス・プランク鳥類学研究所(MPI for Ornithology)は、衛星タグを用いた追跡調査の結果、オオソリハシシギの若い個体がアメリカ最北端のアラスカからオーストラリアのタスマニアまでを休みなしで飛行していたことを確認。

その距離なんと、約1万3560キロメートルに及びます。

地球一周が約4万キロですから、この若い鳥は一飛びでその4分の1以上を踏破してしまったようです。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

多くの人々が混乱した「モンティ・ホール問題」! 直感に逆らう確率問題の原因は?

約11日間でアラスカからタスマニアへ到達!

オオソリハシシギ(学名:Limosa lapponica)は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種です。

全長は約40センチまで成長し、翼開長は約70〜80センチに達します。

普段はユーラシア大陸北部〜アラスカ西部にいたる北極圏に分布していますが、冬場になると、ヨーロッパ西部やアフリカ、アジア、オーストラリア圏にわたって越冬します。

日本にも春と秋に全国各地へ訪れるようです。

オオソリハシシギ
オオソリハシシギ / Credit: ja.wikipedia

さて本研究では、今年の春にアラスカで誕生したオオソリハシシギの幼鳥たちに5G衛星タグを取り付け、今シーズンの渡りのルートや移動距離を追跡しました。

この調査は、マックス・プランク鳥類学研究所とニュージーランドのプコロコロ・ミランダ・ショアバード・センター(PMSC)の共同で数年前から行われています。

今回、ノンストップ飛行の新記録を打ち立てたのは、衛星タグ番号234684と呼ばれている生後5カ月の幼鳥でした。

この個体は10月13日にアラスカを出発し、ハワイの西側に南下するルートを取って、10月19日に太平洋の島国キリバス上空を通過。

その2日後、南太平洋のバヌアツを通過し、豪シドニーの東約620キロを抜けて、10月25日にタスマニアへと着陸しました。

総移動距離は約1万3560キロメートル、飛行時間は11日と1時間で、この間、一度の休みも取っていません。

ちなみに、これ以前の最長記録は、同じオオソリハシシギの成鳥(4BBRWと呼ばれる)が昨年に記録した約1万3000キロメートルでした。

4BBRWはその前年にも1万2000キロを踏破し、2年連続で新記録を打ち立てたレコードホルダーでしたが、それが今回、生後5カ月の若者によって破られることになりました。

研究チームのショーン・ドゥーリー(Sean Dooley)氏は「最も驚くべきは、オオソリハシシギの幼鳥が成鳥とは別々に渡りをしていることでした」と話します。

氏によると、成鳥はときに幼鳥より6週間も早く北極圏を出発してしまうとのこと。

ところが、これは幼鳥にとって悪いニュースではなく、成鳥の出発が早ければ早いほど、餌をめぐる競争が少なくなるため、幼鳥は壮大な渡りのための燃料補給を十分に行うことができるのです。

またオオソリハシシギは、餌をたくさん食べて脂肪分を蓄えるために、他の消化器官を小さくしてその分のスペースを確保しているという。

しかし、いくら燃料を蓄えているとはいえ、まだ生まれて半年も経っていない幼鳥がこれほどの長旅をノンストップで完遂できるとは驚きです。

PMSCの広報は「前回の記録保持者である4BBRWのために記念のティータオルを準備していたのですが、今後は新しいセットを作らなければならないでしょう」と述べています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!