「コックリさん」を科学の力で解明~コックリさんと脳科学の不思議な関係~
「コックリさん」を科学の力で解明~コックリさんと脳科学の不思議な関係~ / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
brain
How the Ouija board got its sinister reputation https://theconversation.com/how-the-ouija-board-got-its-sinister-reputation-66971
Predictive minds in Ouija board sessions https://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s11097-018-9585-8.pdf

2022.10.31 Monday

「コックリさん」を科学の力で解明! 勝手に動くコインや集団パニックの原因とは?

コックリさんといえば、「あいうえお」や「はい・いいえ」などを書き込んだ紙と10円玉を使う降霊術として知られています。

数人のメンバーたちの人差し指を10円玉の上に乗せながら「コックリさんコックリさん」と呼びかけ何かの質問をすると、10円玉が勝手に「あいうえお」や「はい・いいえ」を記した部分に動き、コックリさんからの答えが返ってくると言われています。

否定派は「参加者のうちの誰かが仕掛け人となって、意図的に10円玉を動かしているに過ぎない」と言います。

もちろんそういう場合もあるでしょう。

しかし近年の研究によって、仕掛け人がいない場合でも、コックリさんが機能し、参加者たちの意識から切り離されたように10円玉が動くことがわかってきました。

また日本の名古屋大学で行われた研究では、コックリさんを行っている参加者たちの脳波を測定したところ、不思議な同期を起こしていることも判明。

コックリさんが心理学的にも脳科学的にも、興味深い現象であることがわかってきました。

コックリさんの背後にはいったいどんな仕組みが潜んでいたのでしょうか?

ナゾロジーチャンネル動画公開中

動画は三次元! 次元の理解の仕方を解説

「コックリさん」を科学の力で解明

「コックリさん」を科学の力で解明
「コックリさん」を科学の力で解明 / Credit:Dochsa

コックリさんは正式にはキツネ・イヌ・タヌキと書いて「狐狗狸(こっくり)」と読みます。

そのためコックリさんは動物霊にかかわるものだという説をよく耳にしますが、実は違います。

コックリさんの直接的な起源は上の図に示すように、1890年のアメリカで開発された「ウィジャボード」と呼ばれる木製の板と、「プランシェット」と呼ばれる穴の開いた木片となっています。

ボードにはアルファベットと数字が並べられ、上側には「YES・NO」そして最下層には「GOOD BYE(さよなら)」の文字が刻まれています。

これは日本でコックリさんに使われる「あいうえお」や「はい・いいえ」が書かれた紙の祖先の姿です。

また穴の開いた木片も10円玉の役割と同じであり、参加者の指を乗せながら使われていました。

このウィジャボードは欧米で爆発的な人気を博し、日本では明治時代に、降霊術好きの外国人が立ち寄った港町を中心にブームが広がったとされています。

(※そんなアメリカンな起源を持つ降霊術がなぜコックリさんと和名で呼ばれるようになったかは後述)

そしてコックリさんのご先祖が世界中で大ブームを起こした理由は、その現象が「ホンモノ」であるからでした。

科学の信奉者である人々は口々に「参加者の1人が仕掛け人になっているに過ぎない」と主張します。

しかし以前の研究では、そんな否定派の人々を集めて実際にコックリさん(実際にはウィジャボード)を行ってもらった結果、10円玉の役割をする木片が、本当に勝手に動き出し「霊の存在を信じざるを得ない」との感想が得られたことが報告されています。

同様の実験結果は仕掛け人の存在を排除するためにランダムな人選を行った別の研究でも報告されており、参加者たちの指が乗せられた木片は参加者たちの意思に反して勝手に動いているようにみえました。

この不思議な現象は、いったいどんな仕組みで発生しているのでしょうか?

研究者たちは実験を繰り返し、結果3つの主な要因を特定しました。

次ページコックリさんを信じさせる3つの要因

<

1

2

3

4

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!