ラットも音楽に合わせて「ヘドバン」できると判明!
ラットも音楽に合わせて「ヘドバン」できると判明! / Credit:YOSHIKI ITO et al . Spontaneous beat synchronization in rats: Neural dynamics and motor entrainment (2022) . Science Advances
brain
Rats bop to the beat Rats can move their heads in time to music, demonstrating innate beat synchronization in animals for the first time https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/en/press/z0508_00262.html
Spontaneous beat synchronization in rats: Neural dynamics and motor entrainment https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.abo7019

2022.11.15 Tuesday

ラットも音楽に合わせて「ヘドバン」できると判明!

ネズミもリズムに乗って身体が動くようです。

日本の東京大学で行われた研究によれば、ラットにも人間と同じように、音楽にあわせて体を動かす能力が発見された、とのこと。

さまざまな音に含まれる特定のリズムを認識・抽出して体の動きを連動させる能力は、これまで人間だけが備える高度な能力だと考えられていました。

しかしそれはラットにも存在するようです。

研究では人間もラットも毎分120~140回で発せられるビートに対して、最も体の動きを合わせやすいことが示されました。

人間とラットでは、体の大きさや形状、呼吸速度や筋肉のつきかたなど身体レベルで大きく異なっているのにもかかわらず「刻みやすい」ビートは同じだったのです。

しかし身体レベルの違いが問題にならないなら、いったいどんな要素が人間とラットに共通する「好み」のビートを与えていたのでしょうか?

研究内容の詳細は2022年11月11日に『Science Advances』にて公開されています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

ネズミも音楽に合わせて「ヘドバン」できると判明!

ラットも音楽に合わせて「ヘドバン」できると判明!
ラットも音楽に合わせて「ヘドバン」できると判明! / Credit:Canva

ライブ演奏会場では、しばしば音楽のリズムにあわせて頭を振るヘッドバンギング(ヘドバン)に浸っている人々を見かけます。

私たちにとっては何気ない光景に思えますが「音楽にあわせて体を動かす」には、聞こえてくる音の中から特定のリズムだけを認識し抽出するという、複雑な情報のフィルタリングが必要になります。

そのためこれまでは、クラシック音楽やPOPミュージックなど人間製の音楽にあわせて体を動かせるのは、同じ人間だけが可能であると考えられていました。

しかし近年ネット上など動物を映したさまざまな動画ではしばしば、人間が演奏するギターやピアノに呼応するように、動物たちが吠えたり体を動かす様子が映し出されています。

この微笑ましい様子は、音楽にあわせて動きたいという衝動が人間だけでなく動物にも存在する可能性を示します。

しかし動物たちが本当に音楽のリズムに反応しているのか、反応しているとしたらどんなテンポなのかなど、詳しい分析は十分に行われていませんでした。

そこで今回、東京大学の研究者たちは人間の作った音楽にラットがどのように反応するかを調べることにしました。

実験にあたっては人間の被験者とラットの頭部に加速を検知する装置が設置され、体の動き(主に頭部の動き)が記録しました。

使用された音楽は軽快なピアノの音色が心地いい、モーツァルト作「2台のピアノ・ソナタ ニ長調 K488」。

研究者たちは、このモーツァルトの音楽を人間とラットの両方に対して、元の速さの75%、100%、200%、400%の4種類の速さで聴いてもらいました(元の速度は毎分132ビートです)。

(※人間の被験者には音楽にあわせて頭部を動かすようにあらかじめお願いされていました。一方ラットにはそのような要請ができないため、音楽が流されている間の様子が記録されました)

ラットが得意とするヘドバンのペースは人間と同じでした
ラットが得意とするヘドバンのペースは人間と同じでした / Credit:YOSHIKI ITO et al . Spontaneous beat synchronization in rats: Neural dynamics and motor entrainment (2022) . Science Advances

結果、人間もラットも1分間あたり120~140回の拍数のときに、最も明確なビート同期が行われている(上手くリズムにのれている)ことが判明しました。

また驚くべきことに、同じ音楽が流れているときには、人間が頭を振るパターンとラットが頭を振るパターンが一致していることが示されました。

人間とラットのヘドバンは一致していました
人間とラットのヘドバンは一致していました / Credit:YOSHIKI ITO et al . Spontaneous beat synchronization in rats: Neural dynamics and motor entrainment (2022) . Science Advances

そうなると気になるのが、理由です。

人間とラットは体の大きさや呼吸速度が大きく違うだけでなく、手足を動かす速度も全く異なります(※手足の速度はラットのほうがずっと速い)。

そのため人間とラットでは、ラットのほうがより速いペースでビートを刻むと予測されていました。

ビートの刻みやすさが身体的要素に依存しないならば、いったいどんな要素が人間とラットのリズム感を支配しているのでしょうか?

次ページ人間とラットのヘドバンが同じペースである理由

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!