左:新たに見つかった地下トンネル、右:クレオパトラの壁画
左:新たに見つかった地下トンネル、右:クレオパトラの壁画 / Credit: Ministry of Tourism and Antiquities/facebook(2022)canva
history archeology
Archaeologists Hunting For Cleopatra’s Tomb Uncover a “Geometric Miracle” Tunnel https://www.sciencealert.com/archaeologists-hunting-for-cleopatras-tomb-uncover-a-geometric-miracle-tunnel Archaeologists Discover Vast ‘Miracle’ Tunnel Under Egyptian Temple Ruin https://www.vice.com/en/article/g5v3gj/archaeologists-discover-vast-miracle-tunnel-under-egyptian-temple-ruin

2022.11.22 Tuesday

クレオパトラの墓?紀元前築とは思えない「精巧な巨大トンネル」を発見!

”絶世の美女”の代名詞ともなっている古代エジプトの女王、クレオパトラ7世(紀元前69〜紀元前30年)。

彼女の墓はいまだに見つかっていませんが、このほど、その発見につながるかもしれない考古学的な発掘がなされました。

ドミニカ共和国のサント・ドミンゴ自治大学(UASD)の研究チームが、エジプト北部にある「タップ・オシリス・マグナ神殿」の地下で、全長1300メートルにおよぶトンネルを発見したのです。

この神殿は以前から「クレオパトラが埋葬されている可能性が高い遺跡」として注目されており、18年前から発掘調査が続けられています。

実際、これまでの調査でクレオパトラに関係する遺物が多数見つかっているのです。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

「クレオパトラの墓」の発見につながるトンネルか?

タップ・オシリス・マグナ神殿の北壁
タップ・オシリス・マグナ神殿の北壁 / Credit: ja.wikipedia

タップ・オシリス・マグナ神殿は、エジプト北部アレクサンドリア県の沿岸部にある古代遺跡で、プトレマイオス朝時代の紀元前280〜270年の間に建設されました。

クレオパトラのの発見を目的とするUASDのチームが、この神殿を発掘対象として選んだのには理由があります。

タップ・オシリス・マグナ神殿は、クレオパトラの先祖の一人であるプトレマイオス2世(在位:紀元前285〜246年)によって建設が開始され、エジプト神話の神オシリスとその妃イシスを祀る目的がありました。

そしてクレオパトラは生前「女神イシスが人間に生まれ変わった存在」と言われ、夫のマルクス・アントニウス(紀元前83〜30年)は「オシリスが生まれ変わった存在」と考えられていたのです。

クレオパトラは生前「女神イシスの生まれ変わり」とされていた
クレオパトラは生前「女神イシスの生まれ変わり」とされていた / Credit: canva

歴史上の定説では、古代ローマの将軍だったアントニウスが紀元前30年に息を引き取ると、クレオパトラはコブラに自らの腕を咬ませて夫の後を追うように命を絶ちました。

そこで研究主任のキャサリン・マルティネス(Kathleen Martinez)氏は「クレオパトラは、オシリスとイシスの祀られている神殿を自身と夫の埋葬地として選んだ可能性が高い」と考えたのです。

マルティネス氏は、アレクサンドリア周辺にある20の神殿を調査した中で「タップ・オシリス・マグナ神殿ほど、クレオパトラの埋葬地として理に適っている場所は他にない」と述べています。

氏と研究チームは2004年に、当時のエジプト観光・考古省(Ministry of Tourism and Antiquities)の大臣を務めていたザヒ・ハワス(Zahi Hawass)氏にこの仮説を説き、発掘調査の許可を得ました。

それから18年の時を経て、このたびの巨大なトンネルが発見されたのです。

地下13メートルで発見されたトンネル
地下13メートルで発見されたトンネル / Credit: Ministry of Tourism and Antiquities/facebook(2022)

トンネルは地下13メートルの地点にあり、高さ約2メートル、全長1305メートルにわたり砂岩を切り進んで作られていました。

研究者らは、その壮大かつ精巧な造りを目の当たりにして「幾何学的な奇跡(geometric miracle)」と称しています。

地下トンネルが掘られた目的は今のところ不明ですが、発掘チームは「クレオパトラの墓の発見につながる有力な手がかりになるかもしれない」と考えています。

同神殿ではこれまでに、クレオパトラの名前と肖像が刻まれた硬貨が大量に見つかっていたり、彼女の生きた時代に作られた埋葬用の竪穴が発見されています。

マルティネス氏は「この地下トンネルが失われたクレオパトラの墓につながるかどうかは分かりませんが、今後の作業でより多くの有益な情報が得られるはずである」と述べています。

地上から掘り進めたエントランスと地下トンネル
地上から掘り進めたエントランスと地下トンネル / Credit: Ministry of Tourism and Antiquities/facebook(2022)

チームは現在、地下トンネルの詳細な調査を進めると同時に、海底からの発掘調査に乗り出しています。

というのも、タップ・オシリス・マグナ神殿は、エジプト沿岸部で数世紀にわたり何度も起こった地震のせいで一部が崩壊しており、地中海に沈んでいるのです。

海底からどんな発見があるかは予想できませんが、もしクレオパトラとアントニウスの墓が見つかれば、21世紀の考古学史で最も重要な大発見となるでしょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!