空気中の浮遊菌は風にのって「数千キロも移動できる」ことが判明!
空気中の浮遊菌は風にのって「数千キロも移動できる」ことが判明! / Credit: canva
fungi
Bacteria can travel thousands of kilometers on airborne dust https://phys.org/news/2022-11-bacteria-thousands-kilometers-airborne.html
Functional Genes Profile of Atmospheric Dust in the East Mediterranean Suggests Widespread Anthropogenic Influence on Aerobiome Composition https://agupubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2022JG007022

2022.11.29 Tuesday

細菌は風にのって空気中を「数千キロも移動できる」ことが判明!

風が吹いて塵や埃(ほこり)が舞い上がったとき、そこに付着した細菌はどれくらいの距離を移動できるのでしょうか?

浮遊菌が宙に留まることで形成された空中細菌叢は「エアロバイオーム(aerobiome)」と呼ばれます。

エアロバイオームは、風に運ばれた先で再び塵や埃と一緒に落下すると、その土地の化学組成を変化させたり、ヒトや動物の健康に影響を与える可能性があります。

イスラエル・ワイツマン科学研究所(WIS)のチームは今回、イスラエル中部で採集したエアロバイオームがどこから飛んで来たかを特定する調査を実施。

その結果、数百〜数千キロメートルも離れた北アフリカやサウジアラビア、シリアなどから運ばれていることが明らかになりました。

手足も羽もない細菌は、風に乗ることで大胆な移動能力を手に入れていたようです。

研究の詳細は、2022年10月10日付で科学雑誌『Journal of Geophysical Research』に掲載されています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

ブラックホールの中に入って人間が調査をすることは可能なのか?

エアロバイオームの33%は遠方から飛んで来ていた

研究チームは、イスラエル中部のレホヴォト(Rehovot)で異なる時期に空気中の粉塵を採集し、DNA配列解析によって、そのエアロバイオームの組成を分析しました。

それと同時に、土壌や植物の表面、地中海や紅海の水、および周辺地域の粉塵も採集し、細の組成を比較。

加えて、トラジェクトリー(軌跡)モデリングという手法を使い、イスラエルの粉塵がどこから運ばれて来たものかを調べました。

その結果、イスラエルで採集されたエアロバイオームの33%は、北アフリカ、サウジアラビア、シリアといった遠方から風に乗って運ばれて来たことが特定されています。

イスラエルのエアロバイオームの3割は遠方から風に乗って運ばれていた
イスラエルのエアロバイオームの3割は遠方から風に乗って運ばれていた / Credit: Jeff Schmaltz, NASA GSFC, MODIS Rapid Response Team(phys, 2022)

特に、イスラエルのエアロバイオームは、細菌の組成と遺伝子プロファイルの両方から、1000キロ以上も離れたサウジアラビアの紅海沿岸のエアロバイオームと最も類似していることが分かりました。

さらに、その他の34%は、イスラエルの土壌に由来しており、土壌がエアロバイオームとかなりの数の細菌を交換できることが示されています。

その一方で、植物の表面(11%)と地中海や紅海(0.9%)は、エアロバイオームとの細菌交換率が低かったようです。

それでは、遠方から運ばれてきたエアロバイオームは、その土地に住む人々や動物、および環境に対して悪影響はあるのでしょうか?

これを理解するには、エアロバイオームがどのような遺伝子を持っているかを知る必要があります。

そもそも世にある細菌の大半はヒトや動物にとって無害な常在菌であり、有害なものはそれほど多くありません。

そこでチームは、イスラエルのエアロバイオームから細菌の遺伝子を解析し、他の調査対象環境(土壌、植物、海)にある細菌の遺伝子と比較。

その結果、エアロバイオームを構成する細菌は、他の環境中のものと比べ、抗生物質耐性を付与する遺伝子を平均してより多く含んでいることが判明したのです。

抗生物質耐性が高いと判明
抗生物質耐性が高いと判明 / Credit: canva

つまり、エアロバイオーム中の細菌は薬剤への耐性が他より強いと考えられ、こうした細菌が環境に沈着すると、殺菌や除菌が難しく、ヒトと動物に何らかの害を与える可能性があります。

しかし、エアロバイオームが実際に害を与えているかどうかを知るには、場所ごとの詳細な分析が必要です。

また、研究主任のダニエラ・ガット(Daniella Gat)氏は「粉塵中に含まれる細菌がすでに生存しておらず、薬剤耐性を発揮できない可能性も十分にある」と述べています。

細菌が生きているかどうかはRNAを調べれば分かるため、研究チームは現在、粉塵サンプルに含まれる細菌RNAの解析を計画しています。

その結果次第で、遠方から運ばれて来た細菌が有害なものかどうか判断できるでしょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

菌のニュースfungi news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!