水で満たされたガラス窓
水で満たされたガラス窓 / Credit:Water-Filled Glass
technology

2023.01.30 Monday

光熱費を25%削減できる「水で満たされたガラス窓」 (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

実は夕日に照らされている! 皆既月食が赤く染まる理由

前ページ「水で満たされたガラス窓」が太陽光を受け止める

<

1

2

>

窓内部の温水利用でエネルギー使用率が25%低減する

冬は、WFG窓のが「室内から逃げる熱」と「太陽から降り注ぐ熱」の両方を吸収

建物内でも日が当たらない部分の冷水と入れ替えることができます。

(左)冬季は太陽光で作られた温水を暖房の補助として利用、(右)夏は絶えず冷水に入れ替えて太陽光の熱を受け止める
(左)冬季は太陽光で作られた温水を暖房の補助として利用、(右)夏は絶えず冷水に入れ替えて太陽光の熱を受け止める / Credit:Water-Filled Glass

日光がよく当たる南向きの窓で作られた温水を床下の水と入れ替えて、床暖房のような効果を生み出すこともできるでしょう。

また、昼間に蓄えた温水を極寒の夜まで貯蔵しておき、パイプに送り返して部屋全体を温めたり、温水としてそのまま利用したりできます。

ちなみに、冬場の凍結を防ぐため、WFG窓は3層のガラスが重なった「トリプルガラス」になっています。

1つの隙間には水、もう1つの隙間には高い断熱性をもつアルゴンガスが充填されているのです。

Water-Filled Glass社は、「この3層構造により、氷点下の気候でも窓内部の水が氷ることはないだろう」と主張しています。

WFG窓は透明度を維持したまま断熱できる
WFG窓は透明度を維持したまま断熱できる / Credit:Water-Filled Glass

また標準的な窓と比較した場合、エネルギー使用率を約25%削減できると推定しています。

ポンプを稼働させるために余分のエネルギーが必要ですが、冷暖房を節約できるので、全体としては使用エネルギーが削減されるというのです。

さらに、断熱のために窓を着色したり、外部シェードを取り付けたりする必要がないので、窓本来の透明度が保たれ、窓からのぞく景色を楽しめるというメリットもあります。

完成したウォーターハウス2.0
完成したウォーターハウス2.0 / Credit:Water-Filled Glass

このシステムには自動で水を綺麗に保つための監視装置が取り付けられており、年に 1 回の保守点検で維持できるとのこと。

現在、WFG窓が実装されたプロトタイプの建物「ウォーターハウス2.0」が台湾で完成しており、その姿を見ることができます。

加えて最初の商業プロジェクトも進行中であり、WFG窓を採用したハンガリーの工業ビルとアメリカの集合住宅が建設中です。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!