生垣が排気ガスから守ってくれる
生垣が排気ガスから守ってくれる / Credit:Canva
life

交通量の多い道路沿いの家は生垣にどの植物を選べば良い? (2/2)

2023.09.18 Monday

前ページ生垣には「目隠し」や「美しさ」以外のメリットがあるかも

<

1

2

>

生垣の葉は排気ガスで生じる汚染粒子をキャッチしてくれる

2019年、研究チームは、イギリス・マンチェスターの小学校3校に頭の高さまである生垣を設置しました。

そして夏休みの間、生垣のない4番目の学校と比較して、学校内に侵入する汚染粒子の量がどのように変化するか調査したのです。

学校に設置されたベイスギ
学校に設置されたベイスギ / Credit:Barbara Maher(University of Lancaster)_New evidence shows planting around school playgrounds protects children from air pollution(2023)

それぞれの生垣は次のように異なっていました。

  1. セイヨウキヅタ(ヨーロッパや西アジアで自生している常緑のつる植物)のスクリーン
  2. ベイスギ(カナダやアメリカなどに分布する常緑針葉樹)
  3. ベイスギ、スウェーデン産のカバノキビャクシン(ヒノキ科の針葉樹)のミックス
  4. 生垣なし

校庭の内側と外側の空気を分析したところ、ベイスギだけを植えた2番目の学校が、最も汚染物質をブロックすると分かりました。

この校庭では、ブラックカーボン(黒色炭素。排気ガスなどが原因で発生する大気汚染物質)の49%がブロックされていたのです。

また、車両が通過することで放出されるPM2.5およびPM1微粒子が26%もブロックされていました。

ちなみに、1番微粒子を効果的にブロックしたのはセイヨウキヅタを植えた学校でしたが、ブラックカーボンに対しては効果がありませんでした。

植物をミックスした学校は、ベイスギだけを植えた2番目の学校より劣る結果となり3番目でした。

これらの結果から、生垣には大気汚染物質の流入をブロックする働きがあること、そして植物の種類によって効果が大きく異なることが分かりました。

では、今回の実験でベイスギが効果的に汚染物質をブロックできたのはなぜでしょうか?

ベイスギの葉
ベイスギの葉 / Credit:Krzysztof Ziarnek, Kenraiz(Wikipedia)_Thuja plicata

研究チームは、ベイスギの大量で小さく粗い葉がフィルターのように機能し、汚染粒子を捉えたからだと考えています。

キャッチされたそれら粒子は、雨が降ることで洗い流され土壌や排水溝に流れ込みます。

そしてリセットされたベイスギの葉は、再びフィルターとして多くの粒子を捉えるのです。

同研究チームのバーバラ・マーハー氏(Lancaster University)も、「ベイスギの生垣がうまく機能するのは、この種の葉が何百万もの小さな粗い波上の突起を形成しており、それらが浮遊する微粒子にぶつかって、凹凸でキャッチできるからである」と述べています。

セイヨウキヅタの葉
セイヨウキヅタの葉 / Credit:kallerna(Wikipedia)_Hedera helix

対照的に、セイヨウキヅタのような種の葉は、滑らかでワックス状の表面を持っているため、微粒子をキャッチするのにあまり効果的でないのだとか。

今回の実験は学校を対象に行われましたが、その結果は他の場所でも生垣が役立つことを示唆しています。

もし皆さんの自宅が、国道沿いなど、交通量の多い道路に面しているのであれば、表面の粗い葉を持つ植物を生垣として植えてみてはいかがでしょうか。

景観を損ねることなく効果的に、排気ガスの悪影響から自分や家族を守ることができるかもしれません。

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

ライフスタイルのニュースlife news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!