animals plants

「火を噴くドラゴン」が科学的に存在し得るのかを考えてみる (3/5)

2021.01.27 Wednesday

2018.06.18 Monday

翼がなくてもドラゴンは飛べる

ヨーロッパのドラゴンは巨大な飛行動物ですが、アジアのドラゴンは蛇のようなものに近いといわれています。

蛇というと、私たちは地を這う動物だと考えがちですが、実際には空を滑走する蛇も存在します。その飛行距離は、サッカーフィールドやオリンピックプールの2倍もの長さです。その名は「トビヘビ」と言います。それは100メートルまで飛行でき、身体を地を這うように動かします。

1枚目の画像
Credit: Wikipedia / トビヘビ

この翼のないドラゴンは自らで浮上することは出来ませんが、長距離の滑空も可能です。また、動物は空気よりも軽いガスを体内に溜めることができれば、多少浮くこともできるようです。

次ページドラゴンはどうすれば火を噴けるか?

<

1

2

3

4

5

>

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!