極秘!宇宙人との交換留学計画「プロジェクト・セルポ」とは

space 2018/01/13
Credit: Pixabay

UFO好きなら誰もが知っている『ロズウェル事件』。1947年、アメリカのニューメキシコ州ロズウェルにUFOが墜落したという、今もUFO好きの心を掴んで離さない有名な事件です。

様々な憶測が飛び交っているロズウェル事件ですが、なんとこの時、宇宙船と共に生きた宇宙人が回収されたと言うのです。

その宇宙人はイーヴ(EBE)と呼ばれ、宇宙船に搭載された機器の使い方などを人間に教えました。さらにはセルポと呼ばれる惑星との通信に成功し、交換留学までもが行われたと言うのです。

その交換留学は『プロジェクトセルポ』と呼ばれています。

今回はそのプロジェクトセルポについて一部ご紹介したいと思います。

アメリカ国防情報局元職員が暴露

そもそも宇宙人との交換留学なんて夢物語、どういった経緯で知られるようになったのでしょうか。

これはアメリカ国防情報局(DIA)の元職員とされる、『リクエスト・アノニマス』、いわゆる匿名希望の人物が2005年11月からUFO研究家らへ公開し始めたメールにより、知られることになりました。

メールの内容によると1965年から13年間、12名の軍人(男性10名、女性2名)を、アメリカから惑星セルポの宇宙船で惑星セルポに送ったとされています。

留学チームの内1名は惑星セルポに到着前に宇宙船の中で死亡、そして1名が留学中に事故で死亡、2名は惑星セルポに残留を希望し居残り、8名が地球に帰還しました。

交換留学の様子

Credit: ufodigest

実はこのプロジェクトセルポ、かなり膨大な文章で惑星セルポの生活や環境について報告されています。

膨大なため、全てをここで紹介することはできませんが、惑星セルポの様子がわかる部分をご紹介したいと思います。

惑星セルポ

惑星セルポは地球から約37光年、レティクル座のζ(ゼータ)連星系の中に位置します。太陽の5倍程の大きさの太陽が2つ存在していたため、完全な夜は存在しません。

惑星の大きさは地球より少し小さく、大気には酸素・水素・二酸化炭素・窒素を含んでおり地球と似た環境のようです。

留学生(?)が観測した惑星セルポの情報です。

直径 7,218マイル
質量 5.06 x 10^24kg
太陽#1からの距離 平均96,500,000マイル
太陽#2からの距離 平均91,400,000マイル
月(衛星) 2個
地表の重力 9.60m/sec/sec
自転周期 約43時間
公転周期 865日
地軸傾斜 43度
最低気温 6℃
最高気温 52℃
地球からの距離 38.43光年
惑星名称 セルポ(SERPO)
最も近い惑星 オットー(OTTO)
(この惑星にはイーブ人の研究施設はあるが、原生生物は存在しない)
その距離 平均88,000,000マイル
ゼータ太陽系中の惑星数 6個
最も近い生物のいる惑星 シラス(SILUS)
(ここには様々な種類の生物がいるが、知的生命体はおらず、鉱脈として利用している)
その距離 434,000,000マイル

乗り物

惑星セルポに移動する際はセルポ人の宇宙船で移動しました。一行は地球から約9ヶ月かけて惑星セルポに辿り着きました。宇宙船の船内は広く、重力もあったため9カ月の間も一行は運動ができたようです。

惑星セルポではヘリコプターのような乗り物や宙に浮く車のような乗り物があったと書かれています。

セルポ人の暮らし

惑星セルポには政府のようなものは存在しておらず、必要な物資は全て配給されていました。それぞれが与えられた役割を果たす、共産主義のような社会だったようです。

惑星セルポには約65万人のセルポ人が生活しており、子供は2人までと決められていました。

軍隊のようなものは存在していましたが、警察のような組織はなく、犯罪もない非常に平和な暮らしだったようです。

惑星セルポの自然・動物

セルポの気温は34~46度ほどと暑いものでした。しかし北半球では12~26度と涼しかったため、一行は北半球に移動します。

地球と同じように山脈や樹木のようなものが存在しており、川もありましたが、海はなかったようです。

また、セルポ人は畑で食べ物を育てていました。

隊員のその後

地球から惑星セルポを訪れた一行は、水や植物、土など多数のサンプルを地球に持ち帰りました。

しかし、地球に戻ってきたのは12人中の8人(男性7名、女性1名)でした。

1名は惑星セルポに到着する前に宇宙船の中で死亡(※惑星セルポで死亡した説もあり)、1名は惑星セルポで事故に遭って死亡、残りの2名は惑星セルポに残ることを選択しました。

地球を離れて遠く離れた惑星に残ることを選ぶなんて、もしかしたら惑星セルポは良いところなのかもしれません。

地球に戻ったメンバーも現在は全員が死亡してしまったと伝えられています。2002年に最後の一人が死亡したそうです。

プロジェクトセルポの面白さ

プロジェクトセルポの資料は膨大な量であるため、僅かな部分しか触れられませんでしたが、資料は今も読むことができます。

ここ(http://www.serpo.org/)に掲載されていますし、ググると日本語に翻訳されたものもあるので、読み込んでみると面白いかもしれません。

突拍子もないSF映画のような話ですが、UFO・宇宙人が好きな人間としては信じたくなる話です。

 

text by 渡邊ぞんび

SHARE

spaceの関連記事

RELATED ARTICLE